ホーム » 大決壊! »  集団食中毒! » 集団食中毒!6

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!







06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

おもらしなフルカラーイラストはこちらから!

集団食中毒!6

1+
おもらしオンリーの同人誌
スマホでこっそりと読めます



いつもご支援ありがとうございます!

今日は金曜日ですので、小説を更新したいと思います!

※この小説は順調にいけば来年の3月の頭に発表する予定の小説です。

また、来年の温かくなってきたころか、暑くなってきたころ、僕が面倒臭く感じないときにブログのほうで無料公開していく予定ですので、バックナンバーを購入するさいはご一考頂けたらと思います。 なお、あしぶさんに描いてもらったラフは、無料ブログには載せる予定はありません。

今年は身内でバタバタしたイベントなどが起こってしまい、毎日ブログを更新するのが難しくなってきたのでCi-enにて更新していきたいと思います。
楽しんでもらえたら嬉しいです。
健康は大事だぞ☆

目次

集団食中毒!(カテゴリー)

この小説を最初から読む!

広海のことを「お姉様」と慕っている穂波。
そんな穂波の目の前で、広海は下痢を漏らしつづづける。
しかし穂波は姉に失望するどころか、ショーツを熱く濡らしていて――。

💧秘め事 神楽穂波

~ショーツから溢れ出す想い1~



ココア「うっ、ううう! お腹痛いっ、痛いっ、痛い……!」
美汐「も、もう……スパッツ、パンパンだよぉ……っ」

 ビチビチビチ!  ブボボッ! ブボッ! ボフッ!

 コテージのたった1つだけのトイレの周辺はまさに戦場だった。
 トイレの中からはココアの爆音が、その薄い扉を挟んだリビングでは洗面器に跨がった美汐が爆音を轟かせていた。

美汐「まだ……っ、まだ出ちゃう……っ」

 ビチチチ! ブボボッ!

 洗面器に跨がりながらも、美汐はスパッツを下ろすことができずにいた。
 ここでスパッツを下ろしてしまえば、きっと洗面器の容量を上回る下痢を放ってしまうことだろう。
 それならば、失敗のすべてを受け止めたほうがいい。
 たとえおまたに下痢が食い込んできたとしても。
 周囲に気を配って、過剰に気を使ってしまうのが美汐という少女だった。

美汐「ううっ、おまたに、熱いのが、食い込んで来て……ああっ」

 しゅいいいいいいいいい……。

 下痢に緩みきった尿道から、おしっこが垂れ流しになってしまう。
 茶色く濾過された恥水が、洗面器へと溜まっていった。

穂波「どうしよう……、みんなお腹を壊すなんて……っ」

 二人の活発な少女たちを目の当たりにして、言葉を失ってしまったのはマネージャーである穂波だ。
 こういうときはどうすればいいのだろう?
 そうだ、脱水症状にならないために水を準備しておくべき?
 それともお薬?
 いろいろなことが脳裏を堂々巡りしては消えていく。
 こういうときは、いつも姉のような存在である広海が助けてくれるのに。

穂波「そうだ、お姉様は!?」

 さっき庭に出ていって、そこでがに股になって、白いワンピースが茶色く染まっていて――。
 その光景があまりにも背徳的で、穂波は目を逸らすかのようにコテージに戻ってきたのだった。
 だけど目を逸らし続けるわけにもいかない。
 こうして逡巡しているあいだにも、姉のように慕っている広海が苦しんでいるかもしれないのだ。

穂波「お姉、様……?」

 庭に出てみると、広海を中心として大惨事となっていた。
 純白のワンピースを巻き込んで座ってしまったがために、お尻の部分は下痢でパンパンに膨らんでいた。
 そこに至るまで、歩きながら漏らしてしまったのだろう。
 広海の足跡の代わりに、茶色い汚泥がボトボトと落ちていた。

穂波「お、おねえ、さま……」

 ブボボボボッ! ビチッ! ビチビチビチ!

 呼びかけてみるも、返事の代わりに鳴り響くのは茶色い炸裂音。
 広海の大きなお尻が、一回りも二回りも大きくなっていく。
 清楚な純白のワンピースは、無様にも茶色く穢されていた。

穂波「う、嘘……。お姉様が、お姉様が、うんちを、あんなに漏らしてるなんて……っ」

 ぺたり、
 腰に力が入らなくなった穂波は、その場にお尻をついてへたり込んでしまう。
 デニムのスカート越しに、真夏の日差しに焼かれた土が熱く感じられる。
 だけどそれもほんの数秒のこと。

穂波「あっ! あっ! あっ!」

 穂波は酸欠になった金魚のように引き攣った呼吸になってしまう。
 それだけ広海が下痢を漏らしている背中というのは衝撃的だったのだ。

 じわり……、

 おまたが、お尻が生温かくなって、撫で回される。
 穂波はショックのあまり、尻餅をついたまま失禁してしまっていたのだ。

 しゅいいいいいいいいいい……。

 ショーツのなかからくぐもった水音が聞こえてくる。
 野暮ったく、飾り気のないグンパン。
 ショーツから滲み出してきたおしっこは、デニムのスカートに染みこんでいきお尻が暗く染まっていった。

穂波「あっ、あああっ」

 しゅううううううううううう……。

 このとき穂波は軽く達してしまっていたのかもしれない。
 失禁して濡れそぼっているショーツに縦筋が食い込むと、キュンッ、キュンッ、小刻みに痙攣すると、グチュリ……、ネバッとした体液を分泌していたのだ。


続きはCi-enにて書いています。

広海のショーツを洗うために広げると、そこには……!!




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!
1+

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。