ホーム » 大決壊! » 初めての女子小学生!10

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!





06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

おもらしなフルカラーイラストはこちらから!

初めての女子小学生!10

4+
おもらしオンリーの同人誌
スマホでこっそりと読めます



妹に紙おむつを充てられて熟睡からのおねしょ!

お兄ちゃんとしての威厳がっっ!



目次

カテゴリー

この小説を最初から読む(キャラデザはこちらから!)

「すぅ……すぅ……んんっ、むにゃむにゃ……もう食べられない……お腹いっぱいだぞ……」

 時は日付が変わった午前一時。
 安らかな寝息を立てているのは翼だった。
 きっと夢の中では、ご馳走を食べているに違いない。もごもごと、小さな口が動いている。
 そんないい夢を見ている翼だが……、
 その眉目が、かすかに歪む。

「……んんっ、トイレぇ……」

 呟き、起きるかと思ったが……しかし再び、

「すぅ……、すぅー……」

 安らかな寝息を立て始め、まったく起きる気配を見せない。
 だがこうしている瞬間にも、小さな膀胱にはおしっこが少しずつ溜まっていっているのだ。
 翼くらいの年頃だと、200ccもおしっこが溜まれば尿意を感じてしまうはず。
 だが、それでも翼は目を覚ます気配はなかった。

「んんっ、はぁ……トイレ、ついたぁ……」

 眠ったままの翼は呟くと、

「んっ、にゅう……」

 眉が苦しげに歪み……、
 その直後だった。

「はん、はにゅううう~~~」

 至福のため息をつき、頬にはかすかな笑みが浮かぶ。
 その意味するところは……。

 しゅいいいいいいい……。

 静まりかえった深夜の部屋に、くぐもった水音が聞こえてくる。
 聞こえてくる場所は――、
 探すまでもない。
 おむつに覆われている翼の股間から、だ。

「はぁぁぁぁ……」

 しょおおおおおおお……。

 きっと夢の中ではトイレに間に合っているのだろう。
 翼は気持ちよさそうな吐息を漏らしながら、おむつへとおしっこを放っている。

「んんっ、はふう……ンッにゅう……っ」

 しゅわわわわわわわ……。

 もこ、もこもこもこ。
 翼のおしっこに濡れると、紙おむつが入道雲のようにもこもこと膨らんで、鮮やかなレモン色に染め上げられていく。
 薄型の紙おむつは、吸水ポリマーが膨らむことによっておしっこを閉じ込めていくのだ。
 しかも最近の紙おむつはそれだけじゃない。

 おしっこサインが水色になっていき、おまたの縦筋からお尻のほうにまで、一直線に結ばれた。
 それは翼にとってはあまりにも恥ずかしすぎるサインだった。

「んっ、ふうっ」

 ブルルッ……プシッ!

 最後の一飛沫を出し切り、翼のおねしょは終わった。
 あとに残ったのは、もこもこに膨らんだ紙おむつ……。
 だけど一滴もおしっこは外に漏れ出してはきていなかった。
 紙おむつは、翼の失敗をすべて受け止めてくれたのだ。
 その証拠に……、

「すぅ……、すぅ……」

 翼は、何事もなかったかのように寝息を立て始める。
 まるでおねしょをしたことに気づいていないかのような、本当に安らかな寝息だ。
 翼はおむつを汚してしまったことを知らずに、そのまま朝まで眠り続けることになるのだった。




長年、健康診断の数値が良くても、できるときはできるものですね。
少なくとも今週と来週は病院の付き添いで小説を書く時間があまりとれなくなると思われます。
みなさまも健康にはお気をつけください。

初めての女子小学生!11につづく!




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。

7e38b12c.png






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!
4+

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。