ホーム » 大決壊! »  おもらしな快楽 » おもらしな快楽8

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!






06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

おもらしなフルカラーイラストはこちらから!

おもらしな快楽8

0
おもらしオンリーの同人誌
スマホでこっそりと読めます



絶頂失禁は女の子の特権だよね!

というフレーズは流行らせたい。



目次

カテゴリー

この小説を最初から読む(キャラデザはこちらから!)

√3 絶頂失禁は女の子の特権だよね!

「あぁ……。やっぱり、ぱんつ穿いたままおしっこするの、気持ちいいなぁ……」

 しゅいいいいいいいいいいい……。

 雫がしみじみと呟いたのは、学校の女子トイレの個室。
 お行儀よく膝を揃えておしっこをしているときのことだった。
 だけど思いっきりおしっこを出しているのに、女の子のおしっこの恥ずかしい音はくぐもっていた。
 それも当然のこと。
 雫は、学校であってもショーツを穿いたままでおしっこをしているのだ。

「どうしよう、すっかり学校でおもらしするの、癖になってる」

 しゅわわわわわわわわわわわわ……。

 放課後の女子トイレでおもらしをしてしまった事件から3日後。
 雫は毎日のように放課後になるとトイレの個室でおもらし遊びをするようになっていた。

「もう、あとは帰るだけだから大丈夫、だもんね」

 しょおおおおおおおおおお……。

  ……ぴちょん、……ぴちょん。

 ショーツを穿いたままで最後の一滴まで出すと、雫はそのまま立ち上がって、トイレの水を流して個室を出る。
 そこはいつもと同じ下校風景が流れていた。

(まさか、あたしがおもらししたショーツを穿いてるだなんて、誰も想像さえもしてないだろな)

 ちょっとした優越感とスリルが混じり合った感情を秘めて、雫はスカートの裾を踊らせながら家路につく。

        ☆

「あとはもう、寝るだけ……はぁ……」

 お風呂も寝る前のトイレも済ませ、あとはもう寝るだけという、まったりとした感覚を味わいながら。
 雫はおむつ一丁という、年頃の女子としてはあんまりな格好で部屋のベッドに仰向けになっていた。
 もちろん、おむつの中にはショーツを穿いている。

「はぁ……。それでも、最近、刺激、足りてないなー」

 じゅもももももももももも……。

 呟きながらも、ごく自然に雫は股間から力を抜いていた。
 例え布団だろうと、仰向けになっていようと、雫はなんの躊躇いもなくおしっこをできる身体に、気づかぬうちになっていた。

「おしっこ、ぱんつに染みこんで……、もこもこおむつ膨らんできて……でも……」

 しゅぉぉぉぉぉぉぉぉぉ……。

 おしっこを漏らしながらも、雫は呟く。
 やっぱり最近、刺激が足りていないな、と。
 学校では放課後に、毎日のようにおもらし遊びをしているけど、それも3日目に入ると、なんだか刺激が足りないというか、マンネリしてきた感じがしてきた。

「もっと、ドキドキできない、かなぁ……」

 しゅいいいいいいいい……。
 ブルルッ!
 ――プシュッ!

 大きな身震いを一つして、最後の仕上げのおしっこを放つと、雫のおもらしは終わった。
 仰向けでおしっこをしたから、背中のほうまで生温かい感触が広がっている。
 紙おむつもタプタプしている。
 だけど、まだ足りなかった。

「もっと、ドキドキできること、か……」

 呟きながら、雫は気怠げな身体を起こして部屋の明かりを落とす。
 再びドスンとベッドに倒れ込むように仰向けになると、雫はすぐに安らかな寝息を立て始めた。

        ☆
(そういえば、最近はオナニーしてなかったなー)

 翌朝の通学路。
 実に爽やかな青空を見上げつつ、雫は思った。
 いや、おもらしならいつものようにしているんだけど、おまたを直接触っての自慰となると、最後にしたのは……、一カ月くらい前、だろうか?
 オナニーを覚えたてのころは毎日のように行き場のない若さを発散させたものだけど。

「ああ、なにもかもが、懐かしい……」

 そんなことをしみじみと呟いてしまった朝の通学路。
 いつものように殺菌作用がある消臭スプレーでしっかりとケアしてきたおねしょショーツを穿いているから、おまたはムラムラしている。
 だけど最近はオナニーをしたかといわれると、すっかりご無沙汰していた。
 そのことを自覚すると、

 じゅわわわっ。

 クロッチの裏側に生温かい粘液が広がり、ほんの少しだけチビってしまった。
 だけどそれよりも更に愛液が溢れ出してきてしまう。

(まだ朝なのに……。登校してる最中なのに……、学校にさえ着いてないのに、もうショーツがヌルヌルになってるなんて)

 なんて、イヤらしい身体なのだろう。
 ……普通だったらそう思うところだけど……。

(久しぶりのオナニー、学校でしちゃう?)

 邪な妄想に、雫の頬がほんの少しだけ緩む。
 そうと決まれば善は急げ、思い立ったが吉日だ。

(このやり場のない若さを……、学校で爆発させる……!)

 そんなことを考えながら、雫は軽やかに朝の通学路をスキップしていく。



最近急に寒くなってきましたね。
みなさまも体調にはくれぐれもお気をつけください。

11月7日に発売予定です。
ただいま予約受付中。
イラストは温泉みかん先生に描いてもらったぞ!

おもらしな快楽9につづく!




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!
0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。