ホーム » 大決壊! » 真夏の記憶4

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!

◆2020.7.4(土)新発売!◆


最新刊!
06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

真夏の記憶4

<英語版はこちら>
Click here for the English section of the illustration (text is in Japanese)



おねしょっていうのは夢の中では間に合っていたほうがギャップがあって書いてて楽しいです。



目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!





♭1日目 朝 お姉ちゃんなのに……おねしょ

 おばあちゃんの家に着いたのは、空が真っ赤に染まった夕暮れ時だった。
 年季の入った木造家屋は夕日を浴びて、有名な日本画のようにも見える。
 ヒグラシの鳴き声が幾重にも重なり、縁側には梅干しが干してあった。
 車のエンジン音を待ちわびていたのだろう。
 葵と茜が車から降りると、がらがらと玄関の引き戸が開いておばあちゃんが出てきた。

「遠いところからお疲れさん」
「お久しぶりです、おばあちゃん」
「久しぶりなの! おばあちゃん!」
「はいはい、お久しぶり。葵ちゃんに茜ちゃん、また大きくなったみたいで。秋彦さんと凉子もお疲れさん。さあさ、お上がりなさい」

 着替えが入ったリュックを抱えて玄関の三和土に上がると、ふんわりとした線香の香りを感じる。
 玄関から続く廊下を左に行けば仏間になっていたはずだ。
 おじいちゃんは、葵が小さいころに車の事故で死んでしまったからもういない。

 五十歳くらいで亡くなったらしいけど、仏壇に飾ってあるのはどう見ても二十代の若いころの写真が飾られている。
 お父さんとお母さんも揃って『ただいま』』と、みんなで手を合わせた。

「さて、それじゃ夕飯にしちゃおうか。今夜はお刺身、用意しておいたからね」
「やった! おばあちゃんのお刺身、だーい好き!」

 普段はあまり魚を食べたがらない茜だけど、おばあちゃんが作ったお刺身は美味しそうに食べる。
 茜が言うには、海が近いからお魚も美味しいのだそうだ。

 その日の夜は、久しぶりの帰省と言うこともあって葵も茜も、父も母もたくさん食べて飲んだ。
 楽しい時間はあっという間に過ぎていき――、

        ☆

「ねえねえお姉ちゃん、明日はなにして遊ぼうか」
「遊んでばかりじゃなくて、まずは宿題を片付けないと」

 広々とした和室に二つ布団を敷いて、葵と茜はまくらを並べて床につく。
 祖母の家に泊まるときは、いつも二人同じ部屋で寝ることにしていた。

 それでも茜は興奮してなかなか寝付けないらしい。
 明日はなにをして遊ぼうか、色々と想像しては話しかけてくる。
 それでもやっぱり長い時間、車に乗って疲れていたのだろう。
 しばらくすると、やがて安らかな寝息が聞こえてきた。

「茜……? もう寝ちゃった?」

 身体を起こして茜を見やると、茜はタオルケットを蹴っ飛ばして寝ていた。
 そんな茜にタオルケットをかけ直して、髪を梳いてあげると、茜はかすかな笑みを浮かべてくれる。

「おやすみなさい、茜」

 茜に優しく囁くと、葵も床につくのだった。

        ☆

「んにゅ……。おトイレ、行きたい……」

 目を擦りながら身体を起こしたのは葵だった。
 広々とした和室はまだ真っ暗で、たぶん真夜中といってもいい時間なのだろう。
 すぐ隣の布団では茜が安らかな寝息を立てている。タオルケットを蹴飛ばしているのでかけ直してやる。

「おトイレ、行かないと……」

 深夜の木造建築の家は、なにかが『出てきそう』な、得も言われぬ雰囲気を醸し出している。
 和室から出ると、真っ暗な廊下が続いている。
 普段はお化けや幽霊を信じていない葵だけど、この時ばかりは信じてしまいそうになる。

「こ、怖くなんてないんだから。お姉ちゃんなんだしっ」

 葵は自らに言い聞かせるように呟くと、そろりそろりと真っ暗な廊下を進んでいく。
 廊下の先にある、トイレへと続く薄い木の扉を開ける。
 スイッチを入れて明かりをつけると、裸電球に照らし出されたのは汲み取り式の和式トイレだった。

 真っ暗な穴からは、換気扇が回るゴーゴーとした不気味な音が響いてきている。
 葵は昔からこの汲み取り式トイレが大嫌いだった。
 それでもトイレはここしかないから文句なんて言えないんだけど。

「早く済ませちゃお……」

 葵は和式の便器に跨がると、ピンクのパジャマのズボンとショーツを降ろす。
 露わになったのは、産毛さえも生えていない、ツルツルのおまただった。
 葵は二次性徴期を迎えてさえも、まだ下の毛が生えていないパイパンだったのだ。
 赤ん坊のようなシュッとした一本筋から、桜の花びらのような小陰唇がはみ出している。

「はぁぁ……」

 しゅいいいいいいい……。

 葵はトイレにしゃがみこむと、なんの躊躇いもなく尿意を放っていく。
 誰にも聞かれることがない放尿する音が飛び散り、真っ暗な穴へと流れ込んでいく。
 夏の夜気にツンとしたアンモニア臭が立ち昇ってきた。

「スイカ、たくさん食べたし、ジュースも飲んだし……はぁぁ」

 しょわわわわわわ……。

 水風船のように膨らんだ膀胱からは、止めどなくレモン水が噴き出してくる。
 夕飯のときにたくさんスイカを食べたし、その後に桃のジュースを飲んだ。
 この小さな膀胱には、たくさんの幸せな水分が詰まっているのだ。

 しゅわわわわわわわわ……。

「あぁ……、気持ちいいよ……はふう……」

 女の子の尿道は太くて短い。
 その分だけおしっこは勢いよく出てしまうし、飛び散ってしまう。
 学校でおしっこをするときはゆっくりと力を抜いていくことにしているけど、いまは誰もいない深夜なのだ。
 葵はなんの躊躇いもなく尿意を放っていき……、

 しょぉぉぉぉぉぉぉぉ……、
  プシュッ!

「んっ!」

 ブルルッ!
 葵は身体を大きく震わせると、勢いよく飛沫をあげ、放尿は唐突に終わった。

「はぁ……。全部、出た、よね……んんっ」

 ぽた、ぽたた……。

 小陰唇から垂れてくるおしっこは、会陰を伝ってトイレの中へと落ちていく。
 どうやら全部出てくれたらしい。
 これで朝までぐっすり……だと思う。スイカをたくさん食べたから、また目が覚めてしまうかも知れないけど。

「おまた、拭こう……」

 トイレットペーパーを手に取り、赤ん坊のようにツルツルのおまたを拭いていく。
 肉の谷間におしっこが残らないように、指を少しだけ奥に食い込ませるような感じで。

「……んっ」

 痺れるような感覚に、再び尿意が込み上げてきてしまう。
 どうやらまだまだおしっこは出てきそうだ。

「全部出しとかないと、ね」

 ぷしゅっ、
 しょわわわわわわ……。

 全部出し切ったと思ったのに、膀胱にはまだおしっこが溜まっていたらしい。
 止めどなくレモン水が噴き出してくると、真っ白な便器に弾けて消えていった。
 その放尿は、いつまでも、いつまでも続き――、




5月21日に首都圏と北海道を除く地域の緊急事態宣言が解除されました。
チーバくんはまだ緊急事態宣言のままですが、日常が戻るまであともう少しの辛抱です。

苦しいときですけど、少しでもみんなに楽しんでもらえますように。

真夏の記憶5につづく!




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。

7e38b12c.png






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!

2件のコメント

  1. 最近おねしょがあっさりだったけど今回はしっかりやってくれそうだから超期待ugeしてマス。
    できればお布団晒しも入れてイラストもあればもっといい。
    とにかく期待

    • VVDさん>

      今回は中3のお姉ちゃんと、小5の妹のおねしょの2段構えになっています。
      イラストは……布団晒しも良いですね。
      機会があったらイラストレーターさんにお願いしてみたいと思います。

      今回は文章だけでもご期待に沿うことができたら嬉しいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

美少女文庫!







































バナー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。