ホーム » 支援者様特典小説 »  メスガキ » メスガキが生意気だったので浣腸してみた。4

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!






06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

おもらしなフルカラーイラストはこちらから!

メスガキが生意気だったので浣腸してみた。4

0
おもらしオンリーの同人誌
スマホでこっそりと読めます



いつもご支援ありがとうございます!
今日は金曜日なので、支援者様限定小説を公開したいと思います!

……の、1日遅れの更新となりました。
楽しんでもらえたら嬉しいです。

1話目は全文公開します。
2話目から、ドクターペッパーコースで発表していきます。

◆登場人物

●櫻井桃姫(さくらいももき)
 11歳。
 最近ませてきた小学5年生。

・ポップなカラーのTシャツ。ノーブラ。
 3分丈の黒スパッツ。
 ネコさんのフロントプリントショーツがお気に入り。
 厚手の女児ショーツ。

 髪型は癖のないライ麦色の髪の毛を、ひまわりのリボンでツインテールにしている。

・小悪魔系。
「お兄ちゃんが近所の女児を連れ込まないように、あたしが見張っててあげるんだからね!」

●谷地晴斗(やちはると)
 主人公。
 都内の大学に進学し、田舎の実家から出てきて首都圏のアパートに部屋を借りて一人暮らししている。
 平日は学校とバイトに明け暮れている。

・家にいるときはTシャツにハーパン。
 最近急にませてきた桃姫に頭を悩ませている。



目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!

メスガキと風呂場でイチャイチャしよう!

 ちょっとイタズラしたくなってしまう。

「桃姫、脇が臭いんじゃないのか?」
「なっ、臭くなんかないもんっ」
「本当か? ちゃんと風呂に入ってるのか?」
「入ってるもん! そんなに気になるんなら、お兄ちゃん舐めてみてよ!」
「……なっ!」

 まさかの誘惑に戸惑ってしまうけど、桃姫は誘惑しているという自覚さえもないのだろう。
 腋の下を舐めて見ろといわんばかりに、両手を頭の後ろに組んで挑発的なポーズを決めている。
 ここまでされて引くわけにはいかない。
 もしもここで晴斗が引けば、生意気なメスガキな桃姫は、将来ビッチになってしまうかもしれないのだ。

「そんなに言うなら味見してやる。言っておくけど、俺はロリコン変態趣味じゃないからな」
「ふーんだっ。そんなこと言って、あたしのセクシーなふぇろもんの香りに悩殺されても知らないんだからねっ」
「言ってろ」

 挑発的な悩殺ボーズをしている桃姫の腋の下へと顔を近づけていく。
 まだ産毛さえも生えていない、つるんとした腋の下はかすかに赤らんでいて、それでも男を惑わせるには十分な色香を放っているように思えてくる。

「うーん、ヨーグルトみたいな酸っぱい匂いがするな……」
「そんなこと言わないのっ。舐めたいんだったら早く舐めなさいよね!」
「それじゃあ遠慮なく」
「ひんっ」

 舌を這わせると、桃姫はピクンと身体を硬くさせる。
 だけどそれも一瞬のこと。
 恥ずかしそうに、くすぐったそうな顔をして男の舌から生み出される感触に耐えている。

「酸っぱくて……、だけど、ほんのり甘い……」

 いや、甘いのかもわからない、心地のいい風味が脳に染みていく。
 舐めても、舐めても足りない。
 うっすらとした、原始的な風味をもっと味わおうと、つるんとした腋に舌を這わせていく。

「あっ、んんっ! あん! くっ、くすぐったい……よぉ……! そんなに舐めちゃ……ああん!」

 口では嫌がっている桃姫だけど、腋の下は更に赤らんできて、蒸れるように匂い立ってきている。
 それは、無垢な誘惑――。

「あっ、あん!」

 だけどちょっと桃姫には刺激が強すぎたようだ。
 引き攣った悲鳴を上げると、腰が抜けてしまったのか、その場にしゃがみこんでしまう。
 女の子座りして、すのこの上で。
 そんな桃姫の剥き出しのクレヴァスは赤らんでいて、

 しゅわわわわわわわわわわ……。

 さっきおもらししたばかりだというのに、おしっこが漏れ出してきていた。

続きはCi-enにて連載しています。
お風呂でイチャイチャしよう!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Ci_en.png



◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!
0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。