ホーム » 支援者様特典小説 »  メスガキ » メスガキが生意気だったので浣腸してみた。2

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!






06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

おもらしなフルカラーイラストはこちらから!

メスガキが生意気だったので浣腸してみた。2

0
おもらしオンリーの同人誌
スマホでこっそりと読めます



レモネードをたっぷりと飲ませてあげてからのトイレ禁止。

生意気なメスガキに、大人をおちょくったらどうなるのか、怖さを教えてあげよう。

この小説は支援してくださる方々に感謝の意味をこめて更新していきます。
Ci-enで支援してくれるとがんばれます。




目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!(1話目は無料公開です)

 そして『その時』は意外と早く訪れることになった。
 桃姫がレモネードを飲み干してから約30分ほどが経過。
 晴斗の腕のなかでゲームに夢中になっている桃姫が、ブルリと身体を大きく震わせたのだ。
 どうやらレモネードが濾過されて、少女のレモネードとなって膀胱に溜まってきたようだ。

「と、トイレ行きたい……!」

 桃姫は腕のなかから立ち上がろうとする。
 だけどそこで簡単に逃したら計画が台無しだ。
 晴斗は、桃姫の耳元で囁くのだった。

「まぁ、ちょっと我慢しろよ。まだ黒グラビさんがピンピンしてビーム吐いてるじゃないか」
「そ、そんなのお兄ちゃんが簡単にやっつけてくれるし」
「こらこら、別のフィールドに逃げるんじゃない。そんなことしたら3落ちするからな」
「そんなぁー」

 それはそれは嫌そうにがっかりしてみせる桃姫。
 ちなみに3落ち――1回の狩りで3回やられてしまうこと――すると、その狩りは失敗扱いになって報酬をもらうことができない。

「ここで桃姫がトイレに行ったら、40分くらいがパァになるぞ。それでもいいならトイレに行くがいい!」
「くうう! お兄ちゃんの意地悪なんだから!」

 たしかに感じる。
 腕のなかで、桃姫が小刻みに震えているのを。
 小さくも柔らかくプリッとしたお尻が、プルプルと尿意にプルプルと震えているのを。

「なんか小刻みに震えてるじゃないか。やっぱり小便に行ったほうがいいんじゃないのか?」
「こ、これくらい平気だもんっ。我慢できるっ、もんっ」
「ほー? それじゃあ、お兄ちゃんが我慢できるようにお腹を優しく撫でてあげよう」

 桃姫のお腹を、優しく撫で回してあげる。
 ポップなカラーのTシャツに隠されたお腹は、おしっこでパンパンに張っているようだった。
 身体が小さいぶんだけ、すぐにお腹の水風船は一杯になってしまうようだ。

「ああっ、撫でないでっ。いまそんなことされたら……ああっ」
「されたら、どうなるんだ? ふふふ」

 なでなで、なでなで。
 お腹を優しく、決して押さずに撫でてやっていると、

「あっ、あっ、あっ」

 桃姫は引き攣った短い悲鳴を上げてみせる。
 キュン! キュン! キュン!
 ガパット開かれたままの両脚……その内股が痙攣すると、

 じゅわわっ。

 黒スパッツの股間の部分に、ジンワリと液体が滲み出してきて縦筋が食い込んできたではないか。
 股間の染みは、

「あっ! うっ! ううーっ!」

 じゅわっ、じゅわわわっ!

 桃姫が低く呻くたびに、少しずつおしっこの染みが大きくなってきている。
 このままだと、決壊までは時間の問題だろう。
 そう、
 晴斗の腕のなかで――。

「おいぃ!? あんまり我慢せずにトイレに行ったほうがいいんじゃないのか!?」
「へーきだもんっ。あともうちょっと、ちょっとなんだからっ」

 レモネードをたくさん飲ませてあげたのは晴斗なはずなのに、いつの間にか晴斗のほうがピンチになっている。
 ここで、この背面座位という体位で桃姫がおもらしをしたら、晴斗まで被害を受けてしまう!

「桃姫、ここは我慢せずにトイレ行け!」
「いま両手離せない! お兄ちゃん抑えて! おまた抑えて!」
「そんなことしたら俺がハントできなくなるじゃねえか!」
「そのあいだにあたしがハントするから! ああっ、も、漏れる!」



続きはCi-enにて連載しています。
お兄ちゃんの腕のなかでおもらし!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Ci_en.png




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!
0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。