ホーム » 支援者様特典小説 »  クールな実験少女 » クールな実験少女のスカートの中は7

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!

◆2020.7.4(土)新発売!◆


最新刊!
06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

クールな実験少女のスカートの中は7

<英語版はこちら>
Click here for the English section of the illustration (text is in Japanese)



初めての紙おむつを買ってきて、さっそく水をたくさん飲んでおむつの性能実験。

部屋にこもっておむつを穿いて、わざとおしっこをしてみることにする。

この小説は支援者様向けの小説です。
日頃の感謝をこめて更新します。




目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!(1話目は無料公開です)

「まずは実験しないと、ね」

 ドラッグストアに寄り道して帰ってきた千冬は、玄関で靴を脱ぐなり自分の部屋へと閉じこもった。
 閉じこもる……、といっても両親は共働きなので、夕方くらいのこの時間は一人っ子の千冬の他は誰もいないからこそこそする必要もないのだけど。
 だけどこういうのは雰囲気が大事なのだ。

「まずは紙おむつがどんなものか、よね」

 木造二階建ての西側に位置する千冬の部屋は、この時間は夕日に真っ赤に照らされている。
 そんな部屋で、紙おむつを一枚取り出して、それを広げてみた。

「ショーツみたいなのね。それに思ってたよりも薄いし」

 本当にこんなのでおしっこをしっかりガードしてくれるのだろうか?
 いきなりぶっつけ本番で授業中におしっこをしたとして……、そのときに漏れ出してきたりなんかしたら目も当てられない。

「こういうのはまずは実験が大切っと」

 千冬はまずはキッチンに行くと、冷蔵庫を開けてよーく冷えた麦茶をコップに注いでいく。
 それを一気にゴクゴクと飲み干していく。
 1杯、2杯、3杯……。
 3杯目を飲み干したころになると、千冬のお腹のなかで麦茶がチャプンと波打った。
 これであと三十分もすればおしっこがしたくなるはずだ。
 たぷたぷしたお腹をさすりながら、千冬は再び自室へと閉じこもる。

「まずはおむつ、穿けるかよね」

 サイズ的にはちょっと小さいけど、スレンダーな体型なのでイケるはずだ。
 ……それだけ身体の起伏に乏しいということだけど。それは千冬の密かなコンプレックスでもある。
 周りの女子よりも身長が高いのに、出るところはあまり出てくれなかったのだ。
 しかもパイパンだし。

「やだ。ショーツ、こんなにヌルヌルになってただなんて。なんてイヤらしいんだろう……」

 セーラー服のスカートの両端に手を入れて、冷え切ったおもらしショーツ降ろしていくと……

 もわっ。

 冷え切っていたはずのショーツの、クロッチの裏側だけは熱い蜜で濡れていて、生臭くも甘酸っぱい少女の香りを漂わせていた。
 おもらしショーツを脱いで、脇に避けて置いて……手に取ったのは、一枚のショーツタイプの紙おむつ。

「大丈夫、ショーツと変わりないの。こんなに薄いんだもの」

 自分に言い聞かせるように呟きながら、ゆっくりと脚を通していく。
 静まりかえった部屋にカサカサという紙が擦れる音だけが響き、それでもおむつを上げていくと――。

「なんか、お尻がゴワゴワしてて落ち着かない、かも……?」

 ふっくらとしたおむつの感触におまたとお尻を包み込まれ、ちょっとでも身じろぎをするとおむつがカサリと擦れて意識してしまう。
 なんだか初めてショーツのなかに生理用品を入れたときのような、なんともいえない落ち着きのなさがあった。
 ――本当はわたしがショーツのなかにナプキンを入れてるのを知ってるんじゃないか――。
 そんな落ち着きのなさだ。

「けれど、意外とバレない、かも……?」

 全身を映し出すことができる鏡――姿見の前に立って、パンパン、お尻をはたいたり、くるりとスカートを回してみたり。

「ちょっとお尻が大きく膨らんでるような気がするけど……、思ったよりも普通かも?」

 薄型のショーツタイプの紙おむつは、スカートで隠してしまえば意外と分からないものだった。
 もちろん、靴を履きかえたり、床に落ちたものを拾うときは要注意だけど。

「まずは第一段階はオッケー、と。次は、どれくらいおしっこを吸収してくれるか、よね」

続きはCi-enにて連載しています。
初めての紙おむつの性能実験!




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。

7e38b12c.png






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

美少女文庫!







































バナー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。