ホーム » 支援者様特典小説 »  クールな実験少女 » クールな実験少女のスカートの中は4

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!

◆2020.7.4(土)新発売!◆


最新刊!
06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

クールな実験少女のスカートの中は4

<英語版はこちら>
Click here for the English section of the illustration (text is in Japanese)



プールの授業中、スクール水着で水中おもらし。

人前でおしっこをする快感を知ってしまうJK。




目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!(1話目は無料公開です)




(ああぁ……っ。冷たい……っっっ!)

 千冬はなんとか四時限目のプールの授業までムラムラする股間を我慢し、今年初のプールに肩まで浸かることができた。
 官能に火照っているせいだろうか?
 周りの生徒たちはなかなかプールに入ろうとはしなかったけど、千冬はなんの抵抗もなく透明な水色の水面へと身を躍らせていた。

(おまた、熱かったから……はぁ……、痒かったぁ)

 実はおまたがむらむらして、赤ん坊のようなパイパンが赤くかぶれそうになっていたことは秘密だ。
 だけどこうしてプールに浸かっていれば、おまたの機嫌もよくなってくれることだろう。
 千冬がそんなことを考えているとも知らず、男子も女子も、プールへと入っていくのだった。

        ☆

「やだ。この感じは……!」

 寒気を堪えるかのように千冬が身体を震わせたのは、そろそろ体育の授業の後半となった自由時間のときのことだった。
 まだプールの授業中だというのにトイレに行きたくなってしまったのだ。
 だけど千冬の尿意なんて誰も気づくはずもない。
 男子たちはお互いに水を掛け合ったり、女子たちはプールの縁に座って足を投げ出したりしていた。

(ここで、しちゃう……?)

 ちなみに千冬がいるのはプールのほぼ中央。
 スレンダーで女子にしては背が高い千冬の周りには、タイミングが良いことに誰もいない。

(しちゃうなら……、今がチャンス……?)

 いや、でも……。
 と、思う。毎朝のように人に見つかりそうになるスリルを求めて公園の茂みでおもらしをしているとはいえ、いきなり授業中、みんなが見ているところでおしっこをするというのはマズいのではないだろうか?

(みんなが見てるところでおしっこなんかしたら、それこそ変態じゃないの)

 トクン……ッ。
 変態というキーワードに、スレンダーな胸のなかに納められている心臓が跳ね上がる。

(変態……。わたし、変態になっちゃうの……? ここでおしっこして……。みんなに罵られて……ああっ)

 チリッ、
 とした股間から発せられる微弱電流。
 それはきつめのスクール水着が食い込んでいる秘筋……、クリトリスから生み出される官能のパルスだ。

(わたし、変態になっちゃうんだ)

 毎朝スリルを求めて通学路でおもらしをしてきた千冬にとって、トイレに行くという選択肢は最初から無かったのかも知れない。
 フッと、おまたから力が抜けていくと――、

「ぁ……っ」

 じゅわり……。

 股間が生温かくなる感触。
 それでも千冬は、なんの躊躇いもなくおまたから力を抜き、尿意を解き放っていた。
 いつもおもらししている千冬にとって、もはやおもらしは日常の一コマに過ぎないのだ。
 だから、なんの躊躇いもなく股間から力を抜くことができる。
 それほどまでに、人知れず変態性癖に目覚めていたのだ。





つづきはCi-enにて楽しんでもらえたら嬉しいです。

いつもご支援ありがとうございます!
Ci-enでいただいたご意見を参考に、ちょっとがんばって最初のほうを読めるようにしてみました。
読みにくかった場合は修正しますので、遠慮無くいっていただけたらと思います!

クールな実験少女のスカートの中は5に移動する。




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。

7e38b12c.png






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

美少女文庫!







































バナー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。