ホーム » 大決壊! » 便秘女子の憂鬱2

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!

◆2020.7.4(土)新発売!◆


最新刊!
06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

便秘女子の憂鬱2

<英語版はこちら>
Click here for the English section of the illustration (text is in Japanese)



下校中にお腹を壊す恐怖……!

はたしてミリーは無事にトイレに辿り着くことができるのだろうか!?

目次

この小説を最初から読む!



(今日は木曜日だから部活ないし! 早く帰って……!)

 不幸中の幸い。
 今日は部活がお休みだから、直帰することができる。
 ちなみにミリーはバトンクラブに所属しているけど、いまバトンなんて振り回した日には、お尻からもカチカチのバトンを出してしまうに違いない。

 六時限目の授業が終わってショートホームルームが終わった瞬間、ミリーはクラスメートたちに気取られることなく席を立つと、一直線に昇降口へと向かった。
 廊下では早くも放課後のざわついた雰囲気になっているけど、そんなもの無視だ、無視。
 だけど実にタイミングが悪いことに、

「あ、ミリーさん、これから駅前に美味しいアイスクリーム屋ができたんですって。一緒に行きませんか?」
 声をかけてきてくれたのは、隣のクラスの女子のであるところの知世ちゃんだった。
 黒髪ロングの出で立ちで、ミリーとは同じバトン倶楽部に所属している。

 アイスクリーム――。
 その申し出は大変有難いところだけど、いまアイスクリームなんて食べたら、お腹がジェットコースターのように下ってしまって大変なことになるに違いなかった。

「ごめん、知世ちゃん、今日はちょっと体調が悪いというか、休養があるというか……っ」 
「体調……? あの、大丈夫ですか?」
「うん。家に帰って休んだから治ると思うから……!」
「そうですか。それならまた今度にしましょう」
「うん、そうしよう、また今度に行こうっ」

 ぎゅるっ、ぎゅるるるる……っ

 空気を読まないことに、ミリーのお腹からカミナリのような低い音が鳴り響く。
 その音が聞こえたのか、知世ちゃんの黒瞳がほんの少しだけ見開かれたような……気がした。

「それじゃ、また明日ね!」
 ミリーはごまかすように元気に手を振ると、昇降口で靴を履きかえてダッシュで校門を出ていた。

        ☆

「おっ、ごごごっ! なぜ、こんなことに……!」

 ぎゅるる!
 ごぽっ、ごぽっ! ごぽぽ!

 昇降口からダッシュしたのがマズかっただろうか?
 ミリーのお腹は真夏の夕立のように急降下していた。

「さ、最初からクライマックス……っ。お尻、お願いだから耐えて……っ、出ないと、大変なことにぃ……っ」

 まだ周りには同じ制服を着た生徒たちがたくさんいる。
 だからいくらお腹が痛いとはいえ、へっぴり腰になるわけにはいかない。
 ただでさえミリーはスカートを短く改造しているのだ。
 少しでもお尻を突き出せば、青と白のしましまショーツがパンチラしてしまうことになる。
 女の子がスカートを短くするのは、気合を入れるためなのだ。

「姿勢、よくして、歩かないと……っ」
 よろめきながらも、背筋を伸ばして歩き続ける。
 お腹が痛いのに背筋をピンと伸ばしてられるのは、日頃のバトンで培われた練習の賜物だ。

「まだ慌てるような時間じゃ……うっ、ううっ!」

 ぎゅるるっ、ぐぽっ、
  ぎゅるるるる!

 いつも見慣れた通学路が、フッと初夏の陽光に遠のく。
 おもわず道の真ん中でしゃがみこみそうになるけど、ここでしゃがみこんだが最後。
 太ももとお腹に押し出された一週間分の腐敗物がショーツをモコモコと盛り上がらせるに違いなかった。

「まだ、だいじょ……んんぅ~!」
 住宅街に囲まれた通学路の行く先には、初夏の入道雲がモコモコと盛り上がっている。よく目をこらせば、ところどころで遠雷も光っているようだった。
 あの雲みたいにどっさりと、出したいものを出すことができれば、どんなに気が晴れることだろうか?
 そんなことを考えてしまい――、

 ギュルルル……。
  ミチ、ミチミチミチ!

「おっ、おおお!? おごぉ……っ」
 ミリーは思春期の少女にあるまじき低い呻き声を漏らしてしまった。
 ショーツのなかに出てしまった、この感触は……。
 忘れもしない、一週間直腸のなかでカチカチに固まっていた『実』の感触。
 一度出てしまった『実』は、ミリーの思春期を迎えて柔らかくプリッと膨らんだお尻では、どんなに力を入れても千切ることはできない。
 と、いうよりも、ここで千切ってしまえば、次の『実』が溢れ出してきてしまう。
 自分の身体だからこそ、そのことが嫌でも分かってしまう。

「だ、だめぇ……!」

 ミチミチミチ……。
 メリメリメリ、ぷすすっ。

 ついにミリーは立ち止まってしまう。
 そればかりか、へっぴり腰になってしまう。
 スカートからチラリと見えるしましまショーツは、少女のプリッとしたお尻の輪郭よりも、明らかに歪に膨らんでいた。

「こ、こんなところで……っ」

 メキメキメキ……、
 モコ、モコモコモコ……っ。

 今日二度目の不幸中の幸いか、通学路をだいぶ歩いてきたから他の生徒たちの姿はない。
 しかも夕飯の買い出しにいく主婦の姿もまだない。通学路にある、一日にほんの数瞬しかない真空地帯のような時間帯。

 ――いまなら、しゃがみこんでも誰にも見つからない!

 頭のどこかで、ほんの一瞬だけそんなことを考えてしまって首を振る。
 こんな住宅街の道の真ん中でうんちをしたら、それこそご近所のあいだで噂になってしまう。
 それだけはなんとしても避けなくては。

 メキ、メキメキメキ!
 ぷすっ、ぷすす……
 メキョ、メキョキョ。

 だが一瞬でも楽になりたいと思ってしまった身体は、その隙を見逃してはくれなかった。
 棒状のうんちがお尻を真っ二つに穿つと、その先端部がショーツを押し上げる感触。
 それは取り返しのつかない感触だ。

便秘女子の憂鬱3につづく!





◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。

7e38b12c.png






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!

2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

美少女文庫!







































バナー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。