ホーム » 大決壊! » 恐怖のあまり下痢おもらし2

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!

◆2020.7.4(土)新発売!◆


最新刊!
06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

恐怖のあまり下痢おもらし2

<英語版はこちら>
Click here for the English section of the illustration (text is in Japanese)



なんとか授業を終えて旧校舎のトイレにやってきた千尋の運命や如何に。

体験版のイラストも一枚見れるようにしておきました。
楽しんでもらえたら嬉しいです!

大決壊!~誰にも言えない~

この小説を最初から読む!

「ぅぅー!」
 なんとかすぐにお尻を閉じるも、どうやら一瞬だけ手遅れだったようだ。
 ショーツの内側に、確かに熱い感触を感じることができてしまう。
(や、いやぁ……。も、漏らしちゃっ、た……?)
 ほんの少しの量だけど。
 この年にもなって、まさか学校でうんちを漏らしてしまうだなんて。
 ショーツに染みこんでいく、お湯のような感触に、千尋の心は深い絶望へと沈んでいった。
 微かに漂ってくるのは、卵を腐らせたかのような生温かい香り。
 それは間違いなく千尋の腸内でドロドロになっている未消化物の臭いに他ならなかった。
(臭いが……ううっ、こんなに臭うなんて……! お願い、誰も気づかないで……!)
 心の中で何度もお願いするも、しかしそう簡単に消えてくれる臭いではなかった。
 ただでさえ夏場の教室はエアコンをつけているから閉め切っているのだ。
 恥ずかしい臭いは、教室に籠もることになってしまう。
 最初に騒ぎ出したのは、男子のなかでもお調子者の生徒だった。
『なんか臭くねー?』
『ああ、誰かが屁こいたんじゃね。こういうときって、言い出しっぺが一番怪しいよなあ』
『俺はこんなにくせー屁は出さねえよ。お前の方こそ怪しいんじゃねえか?』
『俺だってこんなに臭くねえよ! ったく、同じ給食食べたってのに、なんでこんなにくせー屁が出せるんだよ、なあ!?』
 妙に演説ぶった声に、男子ばかりか女子までも、くすくすと忍び笑いをしてしまっている。
 まさか、この腐敗臭が千尋の腸内から漏れ出したものだとは誰も思ってもいないだろう。
(どうしよう……。臭い、みんなにバレちゃってる……。こんなんじゃ、トイレに行けないよっ)
 こんなに騒がれてしまっては、トイレに立つことさえもできなくなってしまう。
 今、ここでトイレに行かせて欲しいと先生にいえば、それはこの悪臭の原因が自分自身だと認めるようなものだからだ。
(我慢しないと……。休み時間まで我慢しないと……)
 ゴロロッ!
  ギュルルルル。
   ゴポポッ!
 人間というのは実に不思議なもので、なにかを禁止されるとやりたくなってしまうものだ。
 きっと、それは本能にも刻み込まれているのだろう。
 トイレに行けないと分かった途端に、千尋の大腸は悲鳴を上げはじめたのだ。
「ううっ、あっ、あぅぅ……!」
 腸が雑巾のように絞られるのような痛み。
 千尋の額に、びっしりと脂汗が浮き上がり、背筋には滝のような冷や汗が流れ落ちていく。
(い、や、ぁ……。ダメッ、うっ、ううう!)
 ぎゅるるるる!
  ゴポッ、ゴポポッ!
 ついに恐れていた腹痛の大波――。
 大腸が大きく波打ち、牛乳でドロドロになった未消化物が一気に下ってくる。
(うっ、ううぅ……! お尻、苦しい……!)
 ゴポッ、ゴポポッ!
   ギュル! ギュルルルルル!
 今にも決壊しそうな痛みに、意識が真っ白になる。
 少しでもお尻から力を抜けば、きっと楽になることができるだろう。
 だけどその代償として、明日からもう学校に来ることはできなくなってしまうに違いなかった。
 もしもここで力を抜けば、柔らかい下痢がショーツのなかにぶちまけられて、待っているのは無様な大決壊――。
(あっ、だ、だめぇ……!)
 …………じゅわぁ……。
 意識が白くなり、じゅわりと股間が生温かくなる。
 あまりの苦しみに、おしっこが漏れ出してきてしまったのだろうか?
 それとも下痢が?
 我慢することで必死になっている千尋には、よく分からなくなっていた。
 ただ、ショーツのお尻の部分がジンワリと生温かくなり、夏の熱気に股間が蒸れ返っていく。
(おっ、おおおぉぉ……。も、もう無理ぃ……! こ、ここで……教室で出しちゃう、しかないの……!?)
 腹痛の波に、大きく蠢動している大腸。
 雑巾を絞るかのような痛みに、ついに千尋の心は折れ――、
 だが、この世の地獄にも神様って言うのはいるのだろう。
「あっ、もう無理……」
 フッと千尋の意識が遠のき、お腹からも力が抜けて……、もう決壊を待つばかり……。
 だけど、チャイムが鳴ったのは、そんなときだった。
「えっ?」
 千尋には一瞬、なにが起こったのか分からなかった。
 なんで急にチャイムが?
 それになんで授業が終わっているのだろう?
 白みがかった意識で、次の体育の授業の準備をする生徒たちを眺めていると、そのときになってようやく千尋は気がついた。
「授業、終わってくれたんだ……!」
 どうやら魔の十五分を乗り越えることができたらしい。
 それに幸いなことに、腹痛の波もいつの間にか越えていたらしい。
 腸が破裂しそうなほどのお腹の痛みは、不思議なくらいどこかに消え去っていた。
「よかった……! これでトイレに行ける……!」
 男子たちは早くも体操服に着替えはじめ、女子たちは体操袋を持って更衣室へと向かう。
 そんななか、千尋はこっそりとトイレへと立つのだった。
        ☆
(早くトイレ行きたい……! も、もう限界だよ!)
 周りの生徒たちに勘づかれないようにしながら、千尋はトイレを目指して廊下を急いでいた。
 だけど、千尋が目指しているのは教室から一番近くにある女子トイレではなかった。
 目指しているのは、滅多に人がこない、その先――。
 そう。
 旧校舎の女子トイレだった。
 今では珍しい汲み取り式の和式の便器で、お世辞にも綺麗とは言えないトイレ。
 旧校舎までは片道五分はかかるし、わざわざそんな汲み取り式の好んで使う女子なんていなかった。
(うんち、してるのバレたら恥ずかしいもんね)
 だけど千尋をはじめとして、学校でうんちをしたくなった女子たちには意外と人気があるらしかった。
 ……まだ一度も、女子と鉢合わせたことはないのだけど。
(うう、早くしないと漏れちゃうよ。それに次は体育だし、早く出して着替えないと)
 千尋はやや早歩き(漏らさない程度)で旧校舎のトイレへと向かっていく。
        ☆
「誰も、いないよねー」
 ただでさえ電気が消されて薄暗い旧校舎。
 普段は誰もいないので、電気は通っているものの、スイッチは落とされている。
 旧校舎は土足禁止……上履きさえも禁止されているので、痛いお腹を堪えながらも上履きを脱ぐ。
 そんな薄暗い旧校舎の、女子トイレへと続く扉を開けると、千尋は誰に言うでもなく呼びかけていた。
「……誰も、いない、よね」
 確かめるように呟く。
 それからドアのすぐ近くにあるスイッチを入れると、たった一つだけある白熱球の明かりに、雰囲気抜群の女子トイレがぼんやりと浮き上がった。
 足元にあるスリッパを引っかけて、恐る恐る女子トイレへと踏み込んでいく。
 どの個室もドアが開いていた。
 どうやら女子トイレには千尋の他には誰にもいないようだ。
 薄暗い女子トイレには、何十年もかけて染みついた女子の香りが複雑にわだかまっているばかりだった。
「ほっ」
 と、胸を撫で下ろしたのがマズかっただろうか?
 ぶりゅりゅりゅ!
 じょぼぼぼぼ!
「はうう!?」
 無意識のうちに緩んでしまった身体の穴から、不浄のものが出てきてしまった。
 ショーツに包まれたお尻がうっすらと盛り上がり、クロッチの裏側がジワッと生温かくなる。
 反射的に力を入れたから、すぐに止めることができたが……。
 ごまかしようのない量の下痢をショーツのなかに放ってしまったらしい。
「は、早くトイレに行かないと……!」
 薄暗い女子トイレ……。
 その一番奥の個室を目指して、千尋はよろめきながらも歩を重ねていく。
 本当は手前の個室を使いたかったけど、もしも誰か入ってきたら恥ずかしいし。
 ねちゃ……、ねちゃ……。
 一歩進むたびに、ショーツのなかに漏らしてしまった下痢がお尻の割れ目に食い込んでくる感触。
「うう、お気に入りのしましまパンツなのに……」
 今日穿いてきたのはピンクと白のしましまショーツだ。
 まだ少ししか漏らしていない(と思う)し、時間も経っていないからトイレを済ませてからすぐに洗えば染みになるということはないだろうけど……、
 それでもうんち漏らしてしまった、という事実は千尋の心を確実に蝕んでいく。
 気持ち悪い感触に耐えながら、なんとか一番奥の個室へと辿り着き、ドアを閉める。
「ふう……。やっとできる……。うんち、いっぱいできるんだ」
 今度は気を抜かないように、吐息をつく。
 薄暗い個室――、
 目の前にあるのは、ちょこんとした和式の便器。
 いまとなっては珍しい汲み取り式のトイレだ。
 トイレの中を覗き込んでみても、真っ暗で底がどうなっているのかは分からない。
「いつ来てもなにか出そうな雰囲気だよ……」
 ただでさえ薄暗いというのに、個室のドアを閉めると更に暗くなる。
 それに汲み取り式のトイレからは、何十年という歳月をかけて染みこんだ女子たちの香りが立ち昇ってきていて、狭い個室はなんとも言えない不気味な雰囲気が漂っていた。
「なにも、出てこない、よね……」
 そんなことを呟きながら、肩幅に脚を開いて和式便器に跨がる。
 あとは、ショーツを降ろしてしゃがむだけ。
 たったそれだけで、この苦しみから解放される。
 だけど、同時に千尋は思いだしてしまったのだ。
 ……この旧校舎の女子トイレに伝わる怪談を。
 その怪談とは。
「た、確か……」
 思いだしたくないと思っていても、こういう怖いときに思いだしてしまうのが怪談というものだ。
 千尋は、トイレに跨がったまま、ショーツを降ろすことも、しゃがむこともできずに怪談を思いだしてしまう。
(一番奥の個室のドアを三十回ノックすると、トイレの中から大きな手が出てきて、引きずり込まれちゃう……)
 確か、そんな怪談だったはずだ。
 奇しくも、千尋が今いる個室は、一番奥――。
 ちょっとだけ怖くなってしまうけど、しかし千尋は怖さをごまかすように一笑に伏すのだった。
「へーき、へーき。大体、じょーしき的に考えて、三十回もノックする訳ないし! ボクだって、もう子供じゃないんだし!」
 無理に明るく言いながら、ショーツを降ろし――、
 そのときだった。
 ガタンッ、
 唐突に女子トイレに響いたのは、扉が閉じる音。
 そして一人分の足音。
 どうやら、誰かが女子トイレにやってきたらしい。この人気の無い、不気味なトイレに……。
「ひ、ひい!」
 むりゅりゅりゅりゅ!
 いきなりの来訪者に驚いて、お腹に力が入ってしまったのだろう。
 千尋は立ったままだというのに、勢いよく下痢を漏らしていた。
 ショーツのなかがお湯のようなもので満たされて、もっさりと重たくなる。
 だけど、今の千尋にはそんなことを気にしている余裕なんて残されていなかった。
「だ、誰……!? 誰か来たの!?」
 その問いかけに、応える者は誰もいない。
 ただ、上履きを穿いているのだろう、控えめな足音は、ゆっくりとこちらの方へと近づいてきているようだった。
 そして――、
 あろうことか、千尋が入っている一番奥の個室で足音が止まったではないか。
「う、うそ……。こんなところに、だ、誰……?」
 その問いかけの返事の代わりに、
 コンコンッ、
 控えめなノックの音が響き渡る。
「ひっ、ひい」
 すぐにドアを開ければいいのに。
 そこに誰が立っているか確かめればいいのに。
 それはわかってはいたけど、千尋にはたったそれだけのことがどうしてもできなかった。
 脳裏によぎるのは、例の怪談……。
「ダメ……、ノックしないで……っ」
 とっさにドアから離れようと、千尋はドアとは逆の壁へと背中を貼り付かせて距離を取る。
 それでも、
 コンコンッ、コンコンッ。
 ノックは続いていた。
「いや、嫌だよ……っ。誰、なの……!? こんな怖い意地悪するのは……っ」
 もはや恐怖のあまり、千尋は上手く声を上げることさえもできなかった。
 今にも消え入りそうな、震えた声。
 個室の外に聞こえているかどうかさえも怪しかった。
「あっ、あああぁぁ……!」
 ついに千尋は腰を抜かしてしまう。
 膝の力が抜けると、冷たい石床に尻餅をつき――、
 べちょっ。
 既に漏らしてしまっていた下痢が、床とお尻に潰されて無様な音を立てる。
 柔らかいうんちが、むにゅっとお尻に食い込んできて、なんとも言えない不快感に襲われた。
 だけどいまの千尋にとっては、どうでもいいことだった。
 たとえ、スカートが捲れ上がって、下痢を漏らしたショーツが丸見えになっていたとしても、だ。
 コンコン、コンコン。
 いまだノックは続き、千尋のことをじわじわと追い詰めていたのだ。
「もう嫌だよぉ……っ」
 じわり、
 おまたが生温かくなると、千尋のお気に入りのしましまショーツのクロッチの部分に暗い染みが浮き上がる。
 それでも千尋は脚をMの字に開き、ショーツが丸見えになっても、後ずさろうとしていた。
 スリッパが脱げてしまっていることにも気づかずに。
 この瞬間、千尋は自らが少女と言うことを忘れていた。
 それほどまでに、少女として無様な姿だった。
 直後――。
 それは起こった。
「あっ! あっ! あっ! あっ! あっ!」
 プシュッ!
  プッシャアアアアアアア!
 少女の恥ずかしい染みを隠すための二重布……クロッチをやすやすと突き破るほどの勢いで、おしっこが噴き出してきたではないか。
 千尋は、恐怖のあまり腰を抜かし、失禁してしまったのだ。
 クロッチを突き破って噴き出してきたおしっこは三十センチほど飛ぶと地面に落ちてレモン色の水たまりとなって広がっていく。
「い、いやぁ……!」
 しゅいいいいいいいい……。
 我慢していたせいで千尋の膀胱にはたくさんの小水が溜まっていた。
 漏れ出してきたおしっこは会陰を伝って、千尋のお尻をイタズラっぽく撫で回していく。
 千尋のお尻を中心として、大きなおしっこの湖ができあがった。
 古い、タイルの石床だ。
 そのタイルに、千尋の失敗が染みこんでいき、これからずっと残されていくことだろう。
 よく見れば――、
 千尋が作り出したおしっこの湖の他にも、タイルには別の染みが残されていた。
 きっと、この女子トイレでは何人もの女子がこうして怪談を思いだし、恐怖のあまりに失禁してきたに違いなかった。
 だけど、今の千尋がそんなことを気にしている余裕なんて残されてはいない。
「もう、嫌だよぉ……!」
 ただ、おしっこを漏らしながらも脚の力だけで後ずさろうとしているばかりだった。
 漏らしながら後ずさっているから、下痢とおしっこの筋がナメクジの筋のように残ってしまっている。
 どんなに後ずさっても、この恐怖からは逃げることはできないというのに。
 そのことに気づかずに、千尋は脚に力を入れていると――、
 ビチッ! ビチチッ!
「あっ! いっ、はうう!」
 しましまショーツから、くぐもった炸裂音が響き渡る。
 千尋は恐怖のあまりおしっこばかりか、下痢までも漏らしはじめてしまったのだ。
 すでに茶色く染まっていたショーツに、新たな茶色が生み出され、こんもりとショーツが盛り上がっていく。

 恐怖のあまり脱糞――。
 しかし、千尋はそのことに気づかずに脚の力だけで後退しようとしている。
 トントンッ、ドン、ドンドンドン!
 心なしか、ノックの音が強くなったように思える。
「い、いや、だよぉ……。もうどこか行って……!」
 ビチッ! ブリュリュ!
  ビチビチビチビチビチ!
 尻餅をついているというのに、お粥のような下痢は易々と肛門から滑り出してくると、ショーツのなかに満ちあふれていく。
 足口から黄土色の下痢が溢れだしてきて、おしっこの湖へと溶けていく。
 千尋は茶色い汚泥が混じった湖のなかで脚を動かすことになった。
「だ、誰か……、助けて……」
 このままノックが三十回続けば、トイレから手が伸びてきて引きずり込まれてしまう……。
 さっきまで信じていなかったけど、こうして一人でいるときにノックされいてると、もはや信じるも信じないもなかった。
 このままだと確実に――。
「助け……た、助しゅけ……て……あっ、ああぁっ」
 さっきからカチカチと音がするかと思っていたら、それは千尋自身の奥歯が恐怖のあまりに擦れ合う音だった。
 だが、気づいたからといって止められるものでもない。
「あっ! あっ! あっ! あっ!」
 ビチビチビチ!
  ブボボッ! ブボボボボ!
 千尋の決壊してしまった肛門からは、黄土色でお粥のような下痢が噴出し、ショーツをパンパンに膨らませていく。
 足口からは汚泥がはみ出しておしっこと混じり合い……、千尋が穿いていたミニスカートは、おしっこによってビタビタに濡れそぼっていた。
「もう、いやだ、よぉ! はひっ! ひいい!」
 ブジュジュッ!
  ブピピッ! ブボボボッ!
 引き攣った悲鳴に応えるようにして、クロッチを突き破っておしっこが噴出し、そしてついに……。
「あっ、あああ! おっ! おっ! おおぉぉぉ!」
 ブリブリブリブリ!
  ブボボ! ブジュジュ!
 お粥のような下痢は、ついに千尋の大事な部分……、股間にまで達してしまう。
 少女の肉のワレメが下痢に満たされて、未だ目覚めていない肉芽――クリトリスにネットリと絡みついてくる。
「ああッ!? あっ! あっ! アヒッ!? ヒイン!」
 それは生まれて初めて感じる微弱電流だった。
 こともあろうに、千尋は自らの漏らした汚泥によって、生まれて初めて感じてしまっていたのだ。
 じゅわり――、
 小水とは明らかに違う、熱い体液が滲み出してくると、トクンッ、鼓動が熱く早くなっていく。
 それが性的な刺激のせいなのか、それとも恐怖のあまりに鼓動が早くなっているのか。
 それは千尋自身にも分からないことだった。
「アッ、アヒ!」
 ただ、引き攣った悲鳴を上げるたびに、
 キュンッ、キュンッ!
 千尋の縦筋はチョコレート塗れになっているというのに官能的に痙攣し、それと同時に、
 ブボボッ! モワァ……。
 ショーツも更にパンパンに膨らんでいく。
「アッ! アヒッ! ヒンッ! ひい! 痺れて……うう! 変だよ……こんなの! ひっ! ひうう!」
 股間から生み出される微弱電流に、千尋は漏らしながらも戸惑ってしまう。
 これも怪談のせい!?
 このままトイレに引きずり込まれるの!?
 恐怖のあまりに漏らしながらも後ずさろうとしている……、そのときだった。
 ――ごおぉぉぉぉぉぉ……。
 汲み取り式のトイレから、低い呻き声のようなものが聞こえてきたのだ。
 真っ暗な穴から生々しい香りが立ち昇ってくると、狭い個室に満たされていく。
 その臭いのほとんどが、まさか千尋自身が漏らした下痢だとも気づかずに――。
 千尋の背中は、ついに背後の壁に当たってしまう。
「ああっ! あっ! ひっ、ひいっ」
 ブボボボボ!
  ぷっしゅうううううう!
 千尋は引き攣った悲鳴を漏らし、大小便を噴き出しながら、急速に意識が遠のいていく。
「えっ、え゛え゛え゛!」
 ブワッと涙が溢れ出し、口からは蟹のように泡を吹き――、
 千尋は恥辱のなか、ついに気を失ってしまった。
■■■■■■■■■■■■■

本編につづく

ノックしてきた人物とは?
その後の千尋の運命は?

続きは本編で楽しんで頂けたら嬉しいです

きれいな顔してるだろ? ウソみたいだろ。
寝糞してるんだぜ、それで。

大決壊!~誰にも言えない~

大決壊! シリーズの新刊☆

本編イラスト箇所☆
フルカラーで5枚☆

千尋、小5:
・恐怖のあまり下痢おもらし
・友達のブルマを穿いて初めてのおもらしオナニー

蓮、小5:
千尋の下痢おもらしショーツを穿いてうんちおもらしオナニー

神崎繭、中2。文学少女:
・夜の公園でスカートを捲り上げて介護用おむつに大小露出おもらし
・夢の中では間に合ってるけど大量の寝糞




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。

7e38b12c.png






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!

4件のコメント

  1. 恐怖で脱糞してしまう描写がとても良かったです!恐怖失禁はそれなりに見かけることもありますが、大の方になるとなかなかレアなのでありがたいです!

  2. コメントありがとうございます!
    恐怖失禁は結構ありますけど、恐怖脱糞はあまり見かけませんよね。
    なので自分で書くしかありませんでした(笑)

    楽しんでもらえて嬉しいです!

  3. 大決壊!〜誰にも言えない〜、購入しました。個人的なことですが、寝糞が好きで探してもあまり出会えないシチュエーションなので、とてもありがたかったです。これからも応援させていただきます。

  4. >>机様

    コメントありがとうございます。
    今回は初めての寝糞というシチュエーションで緊張しましたけど、楽しんでもらえてとても嬉しいです!
    今年は色々な大決壊を計画中ですので、楽しみに待って頂けたらと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

美少女文庫!







































バナー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。