ホーム » 大決壊! » 大決壊!~しつけて委員長~6

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!

◆2020.7.4(土)新発売!◆


最新刊!
06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

大決壊!~しつけて委員長~6

<英語版はこちら>
Click here for the English section of the illustration (text is in Japanese)



おねしょをしてしまった円華は、念には念を入れて紙おむつを充てて学校に行くことにする。
だけど『そのとき』は授業中に突然訪れてしまい――。

この小説を最初から読む!
 

 カサ、カサカサ……。
 歩くたびにスカートのなかで紙おむつが擦れる音。
 それでも円華はいつものようにツンと済ませた真面目な委員長の顔で朝の廊下を歩いて行く。
 登校してきた円華がまずはやらなくてならないこと。
 それは口止めだった。
 教室に入り、すぐに御影長政を見つけると、

「ちょっといいかしら、御影君」
「いっ、委員長!?」
「御影君、昨日のことは……」
「わ、わかってるよ。誰だって失敗することくらいはあると思うし」
「そ、そう……。そう思ってくれていればいいの」

 どうやら長政は、昨日の公園での一件はただの失敗だと思ってくれているらしい。
 まあ、まさか円華が人前でおもらしすることに快感を覚えているだなんて、誰も想像さえもしないだろうが……。

(これで口止めはオッケー、よね)

 ホッと胸を撫で下ろして、自分の席につく。
 椅子とお尻のあいだにおむつのふかふかおむつの感触。
 このまま教室で、みんながいるところでおしっこをしたら、どんなに気持ちいいだろうか?
 口止めを済ませたばかりだというのに、円華はそんなことを考えてしまう。

(だめ。しばらくは人前でおもらしするの、止めておいたほうがよさそうね……)

 そんなことを考えながら、教科書を開いて予習を始めるが――、

        ☆

(あっ、おしっこ、したいかも……)

 円華が思い立ってしまったのは、四時限目の数学の授業中だった。
 テープタイプの紙おむつを充てていると、トイレに行くのがついつい億劫になってしまう。
 スカートが捲れてオムチラという悲劇もあるし、なにしろショーツのように手軽に降ろすことができないし。
 だから、円華はこの時間までトイレには立っていなかった。
 なるべく水分を摂らないようにしていたけど、さすがに膀胱がパンパンになっている。

(だめっ。しばらくは人前でおしっこはやめておこうって思ったばかりなのに……!)

 ダメだと頭でわかっていても、円華の身体には特殊な性癖が染みついてしまっていた。

 ジワリ……。

 チビってしまったのだろう。
 おまたがジンワリと生温かくなった。
 ただでさえ、通気性がよくなっているとはいえ、夏の紙おむつというのは蒸れる。

(おまた、痒くなっちゃう)

 ミストサウナのように蒸れ返っているおむつにレモネードが漏れ出すと、すぐに蒸発したのだろう。
 おしっこは霧となって、円華の美丘に染みこんでくる。
 いま、この瞬間におまたを掻くことができたらどんなに気持ちいいだろうか?
 だけどそんなこと、授業中の教室で恥ずかしくてできるはずもなかった。

(早くトイレに行きたい……。あと何分で終わるの?)

 教室の前にある時計を見て、円華は愕然としてしまった。
 休み時間まで、あと三十分――、

(う、うそ……っ。我慢できるはず、ない……っ)

 おねしょをしてきたとはいえ、今朝はトイレに行かなかった。
 膀胱に溜まりに溜まったおしっこは、濃厚な黄色になっていることだろう。

(ううっ、我慢しないといけないとわかると……)
「あっ」

 ジョッ、ジョボボ!

 チビッた……、にしては多すぎる量が漏れ出してきて、円華は短いソプラノボイスを上げてしまった。
 ただでさえ円華の尿道は貧弱だというのに。
 そのうえ我慢しなければならないと自覚すると、余計に膀胱が痛くなってきてしまう。

(授業中なのにっ。教室でおもらしなんかできない……っ。周りにみんながいるのに……!)

 いままで何度も人前で尿意を放ってスリルを味わってきた円華だけど、さすがに授業中の教室でおもらしを始めるのはレベルが高すぎる。
 もしも誰か一人にでも気づかれたら、破滅してしまうことだろう。
 真面目な委員長が、おむつを穿いて授業中におもらしをしているだなんて。
 だけど円華は頭の隅で思ってしまうのだ。

(きっと、気持ちいいだろうなぁ……)

 教室でおもらししたら、どんなに気持ちいいんだろう。
 でも、もしも私がこんなに変態だってバレたら、どうなってしまうのだろう?
 円華は、そんなことを考えながら、無意識のうちに股間の力を弛緩させていく。

(あっ、だめ、出ちゃう……)

 一瞬の躊躇。
 だけどその直後には、

(ちょっとだけおしっこを抜いておいたほうが楽になれるよね。我慢できないくらい溜まっても大変だし)

 なんてことを考えている。
 授業が終わるまで、あと三十分――。
 そんな時間を我慢しきれるわけがないのだ。
 それならば、ちょっとだけ抜いておいたほうが……。

■■■■■■■■■■■■

トイレに立ったほうがいいだろうか?
それとも……。

しつけて委員長7につづく!

 
大決壊! シリーズ発売中☆
フルカラーイラストです!
大決壊! 01~ないしょの成長日記~




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。

7e38b12c.png






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

美少女文庫!







































バナー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。