ホーム » 大決壊! » 大決壊!~荒川凜緒の秘密~2

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!








06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

おもらしなフルカラーイラストはこちらから!

大決壊!~荒川凜緒の秘密~2

0
おもらしオンリーの同人誌
スマホでこっそりと読めます



ショーツを穿いたままトイレに跨がって、尿意を放とうとするJK。

取り返しのつかない温もりが、クロッチの裏側に広がろうとしている。

この小説を最初から読む! 

「ぱんつ、穿いたままおしっこしちゃうんだ……。こんな歳にもなって」
 凜緖はおまたに力を入れ続けていくと、
 
 
 

 プシュッ――。

 

「あっ、でちゃうっ」

 クロッチの裏側に聖水が弾け、ジワリ、取り返しのつかない温もりが広がる感触。

 プシュッ。

  しょわわわわわわわわ……。

 

 

 凜緖のショーツから、くぐもった水音が聞こえてくる。
 少女の恥ずかしい染みを隠すためのクロッチには、あっという間に暗い染みが浮き上がっていく。
 その染みはじわじわと大きくなり、会陰を伝ってお尻のほうへと広がっていった。

 

「あぁ……私、おもらししちゃってるんだ……」

 シュイイイイイイイイイイ……。

 

 ブルルッ。

 凜緖は頬を緩ませると、官能的に身体を震わせる。
 ショーツが食い込んでいる股間はヒクヒクと痙攣し、熱い聖水を漏らし続けていた。

 

「おしっこにおまたくすぐられてるみたいで……あはっ、やっぱりくすぐったいな……」

 このおまたがくすぐられている感触が好きだった。それにおまたに弾けたおしっこは、会陰を伝ってお尻へと流れていく。

「はぁ……。お尻、撫でられてる感じがして、気持ちいい……」

 しょわわわわわわ……。

   ぽた、ぽたた……。

 

 お尻を撫で回される感触。

 お尻の膨らみから垂れていくおしっこが、和式便器の水面に弾けていく。

 

「おしっこ……勝手に出てきて……。ずっと我慢してたから……気持ちいい……」

大決壊01_(スマホ版)荒川凜緖02

 

 シュイイイイイイイイ……。 

 緊張も解けてくると、おしっこの勢いも激しくなっていく。

 クロッチを突き破るほど……、とまではいかないけど、勢いのない噴水のようにおしっこが出てきている。

 

ジョボボボボボボボ……。

 

「はぁ……。やっぱり気持ちいいな……。おもらしは」

 生暖かいおしっこは、クロッチの裏側に弾け、生暖かい手でお尻を撫で回してくれて、包み込んでくれる。

 この取り返しのつかない感触が好きだった。

 

「お尻、温かくて気持ちいい……。」

 もしかしたら、この感触はずっと赤ん坊の頃におむつを充てて、母親に抱かれているときにおしっこをしてしまったころの憧憬が、記憶のどこかに残っているのかも知れなかった。

 しょおおおおおぉぉぉ……。 

「もう、ぱんつグショグショになってる……。はぁぁ……おしっこ、勢いなくなってきちゃった……」

 ブルルッ!!

  ――プシュッ!!

 

 凜緖が大きく身震いし、おしっこが勢いよく噴き出すと、凜緖のおもらし遊びは唐突に終わった。

「ああ、気持ちよかった……。ああ、もうぱんつ、冷たくなってきてる」

 当然のことだけど、このトイレには水道もないから、ショーツを洗うこともできなかった。

 それにトイレットペーパーも置いてない。
 この濡れたショーツを穿いて帰るしかないのだ。

 

「外、誰もいないよな」

 凜緖はスカートの裾を整えると、何事もなかったかのように公衆トイレを出る。

 人気のない住宅街の夜道。
 凜緖の他には誰もいない。

 

「はぁ……気持ちよかったけど……、なにやってるんだろ、私」

 家まで歩いて五分。

 凜緖は、平然とした表情で、夜道を歩き始める。
 まさか凜緖が、ミニスカートの中におもらしでグショグショになったショーツを穿いているとは、誰も思わないだろう。

 

(ショーツ、お尻に張り付いてきてるな)

 おしっこで濡れたショーツが、ペッタリとお尻に張り付いてくる。

 よく見れば、凜緖の内股にはおしっこの筋が垂れてきているのが分かるだろう。

 

(なにやってんだろ……。ホントに、私)

 とは、冷たくなったショーツを穿きながら、いつも思っていることだ。

 それでも凜緖は、またおもらし遊びをしてしまう。
 その証拠に、凜緖の秘筋は、熱い蜜で濡れていた……。

 

大決壊!~荒川凜緒の秘密~3につづく!

 

人知れずショーツを汚してしまうことに快楽を見出している少女は、少しずつ道を踏み外していく。

 

15円~から送れるamazonギフト券による投げ銭始めました。
下のメールアドレスに送ってくれると頑張れます!
tohnonagisa@gmail.com

 

この作品は大決壊!~ないしょの成長日記~に収録されている短編の3つのうちの1つです。
大決壊01_タイトル - コピー




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!
0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。