ホーム » 大決壊! » 芽生え23

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!

◆2020.7.4(土)新発売!◆


最新刊!
06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

芽生え23

<英語版はこちら>
Click here for the English section of the illustration (text is in Japanese)



戸惑うイリアをよそに、思春期を迎えた身体は急速に成長していく。

この小説を最初から読む!
 


 
 

  
 しょわわわわわわわ……。

「んん……、もう朝なんだ」

 イリアが目覚めたのは、自らのおまたをイタズラっぽくくすぐる聖水の感触のせいだった。
 身体を起こしておまたを覆っているおむつを見てみると、夜中から何回もおねしょをしてしまってきたのだろう。
 おむつは薄茶色に変色していた。

「まだちょっと、出る……」

 おまたの力を抜いていくと、ジワリ、おまたが生温かくなっていく。
 おむつの中に穿いているショーツはぐしょ濡れで、おまたにペッタリと張りついてきて、それに食い込んできている。
 だけどその気持ち悪い感触が、イリアは大好きだった。

 勉強もできて、物静かなイリアが、たった一つだけ親にも言えない秘密。
 そんないけないことをしていると、なぜだかドキドキしてきてしまう。

「……だけど、なんか物足りない……」

 呟きながら、イリアはパンツタイプのおむつを外していく。
 露わになったのは濃厚な黄色に染まったネコさんショーツだった。
 クロッチには縦筋が食い込んでいてヒクク――ッ、震えていた。

 ショーツを脱ぐと、露わになったのはやや赤らんだ縦筋だった。
 赤ちゃんのようにツーンとした刺激的な香りを漂わせている縦筋は、産毛さえも生えていないツルツルの不毛地帯だ。
 だけど、最近おまたがぽってりしてきたような気がする。

「今日もまだ生えてない……はあ……」

 おまたを見つめながら、イリアは憂鬱げなため息をついてしまった。
 早い子だったら、修学旅行のときにはもう生えていた。
 そんな子たちを、イリアは大人っぽいなと思いながら眺めていたものだ。

「早く生えてこないかなぁ……」

 イリアは憂鬱げなため息をつきながら、ショーツを降ろして行く。

 ヌル……ッ。
 クロッチの裏側には、ハチミツのような粘液がベッタリとこびりついていた。
 外側にまでは滲み出してきてはいなかったけど、ネットリとした蜜は、時間が経ったからか茶色く変色していた。

「なんなんだろう……。下り物……、とはちょっと違うと思うけど」

 ジーッと見つめていても、しかし答えが出るはずもなかった。
 気がつけば、いつも登校する時間になっている。
 早くおねしょの後始末をしなければ、メイドのマリアさんに怒られてしまう。

「早く着替えないとっ」

 イリアはウェットティッシュを手に取っておまたを拭き――、
 チリリッ!

「んんっ」

 微弱電流にビックリしてしまうけど、その刺激から目を逸らすように新しいショーツを穿いた。
 あとは制服に着替えて、ツインテールにしていき……、

「よし、今日も一日頑張っていこう……っ」

 姿見の前で控えめにファイトポーズをとると、イリアの日常はゆったりと流れ出していく。
 だけど、いつもと同じように見える日常も、こうしている瞬間にもイリアの身体は性徴しているのだ。

 いつもの刺激では満足できなくなりつつあるイリアの秘筋は、朝からだというのに、イリア自身が気づかぬうちに熱く濡れていた。

芽生え24につづく!

大決壊! ~芽生え~

拍手ボタンでコメントを送ってくださった1人の方、
Ci-enでフォローしてくださった方々、ありがとうございました。
もうちょっとだけ頑張ることができそうです。

エクスカリバーは打ち切りギリギリらしいので応援して頂けたら嬉しいです。
人生初の吐血しながら書きました。
胃から出てくる血って、ドス黒いんですね(´・ω・`)
吐きながらビックリしてしまいましたw




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。

7e38b12c.png






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

美少女文庫!







































バナー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。