ホーム » 夏の日の出来事 » 夏の日の出来事23

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!

◆2020.7.4(土)新発売!◆


最新刊!
06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

夏の日の出来事23

<英語版はこちら>
Click here for the English section of the illustration (text is in Japanese)



彩花はなんの躊躇いもなく、夏希がおもらしをしてしまったブルマとショーツを穿いてみせる。

だけどさすがに刺激が強すぎたようで……。

この小説を最初から読む!
 


 
 
 
「夏希ちゃんのおもらししたショーツとブルマ……凄くずっしりしてて重たい……これが夏希ちゃんのお腹にいっぱい詰まってるんだよね……?」

 彩花ちゃんは、夏希がおもらししたショーツをブルマごと広げると、ジッと内側を見つめる。
 そのほっぺたはなぜか桃色に染まっていて、息づかいはどこか色っぽくさえもあった。

「汚いからあんまり見ないでよ。恥ずかしいんだからさ」
「夏希ちゃんに汚いところなんてないもん。……そ、それに最初に約束したよね? ショーツを交換こするって。だから私はここでショーツとブルマを返してもらうの」
「ダメッ、せめて洗ってからにしないとっ」

 夏希が止めるのも聞かずに、彩花ちゃんはうんちが詰まったショーツをブルマごと上げ始める。
 あまりにも現実離れした光景に、夏希はどうすればいいのか分からなくなっていた。

 あんなに可愛い彩花ちゃんがうんちを漏らしたっていうのに……。
 しかも夏希のうんちがミッチリと詰まっているショーツを穿こうとしているのだ。
 混乱するなというのが無理だ。

「実はね……夏希ちゃんが私のおぱんつを穿いて学校に来てくれたとき、とっても嬉しかったの。お休み中、なんかいも夏希ちゃんのおぱんつ穿いたままエッチなことしちゃったし……怒られるって思ってたんだから……。だから、夏希ちゃんが私のを穿いてくれてて、とっても嬉しかったんだから」
「で、でも……彩花ちゃん、汚いよ……」
「それに……さっき、私がうんち漏らしちゃったときに助けてくれて、しかも夏希ちゃんまでうんちを漏らしちゃってくれて……とっても嬉しかったんだから……」

 もっさりと重たくなったブルマを上げて、そしておへそが隠れそうなくらいにゴムを上げる。そんなに穿き込み深く穿いたら、おまたに食い込んでしまうだろうに……。
 思っていると、彩花ちゃんはキュッとお尻を後ろに引いて見せた。

「くっ、くっ、くっ………………食い込んできて……っ、おまたに夏希ちゃんが食い込んできて……みっ、密着してるの……っ、夏希ちゃんがおまたに食い込んできて……はうぅっ、おまた……熱くなっちゃ…………ンンッ!」

 立ってられないのか、彩花ちゃんは力なく倒れてくる。
 夏希はなんの躊躇いもなく、そのか細い身体を抱き留めていた。
 ……だが。

「はぁう!!」

 ビクンッ!
 抱き留めると同時に、か細い身体が大きく痙攣した。

 ……無理もない。
 夏希の太ももが、彩花ちゃんの股間に当たってしまったのだ。
 太ももに伝わってくるムニュッとした感触はうんちが潰れる感触だ。
 きっと彩花ちゃんのおまたの深いところにまで押し込んでしまったことだろう。

「あ、そ、その……ごめんなさい。大丈夫……?」
「う、うん……夏希ちゃんが受け止めてくれなかったらきっと転んでたと思うから……あっ、あううっ、ううぅぅ……、我慢、してたのに、してたのにぃ……ご、ごめんなさい……、で……出るぅっ!!」

 一瞬なんで謝られたのか分からなかったけど、直後、ブボッ!!
 シャワー室に、品性のかけらもない炸裂音がこだました。
 だがそれは始まりにしか過ぎない。

「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさいぃぃぃっ」

 ムリュムリュムリュッ!!

 静かに、だが確実に彩花ちゃんのお尻が膨らんでいく。
 ただでさえ大きく膨らんでいたブルマが、更に大きく膨らんでいく。まさかブルマがこんなに大きく膨らむだなんて。

 こうしている間にも、彩花ちゃんのお尻はムリムリと大きくなっている。
 離れようとする彩花ちゃんの背中に手を回して、ギュッと抱きしめてあげた。

「離して……っ、でないと夏希ちゃんのこと汚しちゃうっ」
「だめ。離さない」
「うぅっ、恥ずかしいよぉ……っ」

 彩花ちゃんは耳まで真っ赤にさせてうんちを漏らし続ける。
 全部出したとはいえ、人前でのおもらしだ。身体の中に残っていたのだろう。
 股間に当たっている太ももが、じんわりと熱くなってくる。

「彩花ちゃんのおまた、ジワって温かくなってきてる……私のぱんつとブルマ穿いて気持ち、良いの……?」
「う、うん……夏希ちゃんが食い込んできて……いい、よ?」
「そ、それじゃあ……私も……」

 夏希は意を決すると、さっきまで彩花が穿いていたショーツとブルマを手に取る。
 それはずっしりと重たくなっていて……それでも夏希は、ゆっくりと脚を通していく……。

■■■■■■■■■■■■

夏の日の出来事24につづく

大決壊! シリーズ発売中☆
フルカラーイラスト5枚の短編集です!
大決壊!~誰にも言えない~




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。

7e38b12c.png






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!

2件のコメント

  1. いつも楽しみに読んでます。
    世間からの理解は得難い分野であると思いますが、これからも頑張って下さい!

  2. コメントありがとうございます。
    今年もブログではマニアックな作品を発表していきたいと思いますので、今後ともどうかよろしくお願いします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

美少女文庫!







































バナー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。