ホーム » 夏の日の出来事 » 夏の日の出来事9

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!

◆2020.7.4(土)新発売!◆


最新刊!
06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

夏の日の出来事9

<英語版はこちら>
Click here for the English section of the illustration (text is in Japanese)



友達のショーツを穿いたまま家に帰ってきた夏希は、自分の身体に戸惑いながらも少しずつ馴れていこうとする。

だけどそのショーツを洗濯することができなくて……

この小説を最初から読む!
 


 その日の夜。
 学校から帰ってきた夏希は、不思議な身体の変化に悩まされていた。
 それが分かったのは、お風呂に入ろうとしておぱんつを脱いだときのことだった。

「おまた、ムズムズする……それにジットリ湿ってるような気が……?」

 おまたが濡れるのはおかしいことじゃないって彩花ちゃんが言っていたけど、こんなに濡れるものなんだろうか?
 彩花ちゃんのおぱんつを脱いでみると、クロッチの裏側はじっとりと湿っていたのだ。

「おまた、赤くなっちゃってる……」

 無毛のおまたを見つめながら、不安げに呟く。
 ちょっとかぶれてしまっているようだ。

「お風呂でちゃんと洗っておかないと……」

 呟いて、気怠げな身体を湯船に浮かべる。
 そうしていると今日の彩花ちゃんのことばかりを思いだす。
 彩花ちゃんのおパンツの匂いを嗅いでいたこと、そこを見つかってしまったけど、
 彩花ちゃんは許してくれて、そしておしっこまで飲ませてくれたこと。

「彩花ちゃん……好き……」

 ぼんやりと呟く。
 結局その日はのぼせるくらいにお風呂に入ってしまった。

        ☆

 だけどお風呂から出てきてちょっと困ったことになってしまった。

「彩花ちゃんのおぱんつ、洗濯に出すわけにはいかないよ、ね」

 母親に友達のぱんつを見られるわけにもいかないし、せっかく彩花ちゃんが穿いていたぱんつを洗濯するのももったいないような気がする。
 かくなる上は。

(彩花、汚いけどごめんなさい……っ)

 心の中で謝りながら、湿って汚れたおぱんつを穿き直す。
 おへそが隠れるくらいまで穿くと、

 ヌル……ッ。

「はううぅっ」

 短い呻き声を漏らしてへっぴり腰になってしまった。
 せっかく洗ったおまたが早くもムズムズしてきてしまう。

 ジュワッと染み出してくる温かいおもらしが染み出してきそうだった。
 それを覆い隠すように3分丈のスパッツを穿いた。

 いつも家にいるときはスパッツを穿くことにしているのだ。
 こうしていれば、おぱんつを穿いていることは誰にもばれないはず……。

 だけど、その考えはちょっとだけ甘かった。

 今日は金曜日。
 と言うことは……。

(彩花ちゃんのおぱんつ、脱ぐことなんかできない……)

 ベッドの下に隠すとかタンスの奥に隠すって言うのも手だけど、少しでも彩花ちゃんの香りを身に纏っていたかった。

 たとえそれが土曜日と日曜日、日をまたいでしまったとしても。
 月曜日になったらどうなっているんだろう?

 そのことを考えただけで、夏希の胸は高鳴ってしまっていた。

■■■■■■■■■■■■

 月曜日まで彩花ちゃんのショーツを穿くことに決めた夏希。
 早くもそのクロッチの外側にはイケナイ染みが……。

夏の日の出来事10につづく!

大決壊! シリーズ発売中☆
フルカラーイラスト5枚の短編集です!
大決壊!~誰にも言えない~




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。

7e38b12c.png






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!

2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

美少女文庫!







































バナー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。