ホーム » 夏の日の出来事 » 夏の日の出来事7

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!








06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

おもらしなフルカラーイラストはこちらから!

夏の日の出来事7

0
おもらしオンリーの同人誌
スマホでこっそりと読めます



彩花ちゃんのおしっこを飲んで、気持ち良すぎてボーッしてしまっている夏希は、
そのまま彩花ちゃんに押し倒されてしまう。

そしてスクール水着越しにおまたが擦りつけられて、
熱いおもらしが溢れ出してきて、混じり合っていき……

この小説を最初から読む!
 


「き、気持ち良かった……全部、出しちゃった、よぉ……夏希ちゃんにおしっこ飲んでもらっちゃったよぉ……」
 彩花ちゃんは身体を震わせると、両手と両脚の力を抜いていく。

「ぷはっ」

 長いおまたへの口づけを終えて、夏希は唇を離した。
 彩花ちゃんのおまたは、スクール水着越しでもまだピクピクと震えていた。

「はぁ、はぁ、はぁ……飲んじゃった。彩花ちゃんのおしっこ、ほんのり甘くて美味しかった、よ……?」

 くたぁ……。
 身体の力を抜いて、その時になって気づいた。
 夏希のお尻を中心として、大きなおしっこの水たまりができていたのだ。

「うわぁ……、こんなに漏らしちゃったんだ……」

 だけどビックリしたのはそれだけじゃなかった。

「おまた、ピクピクして……うぅっ」

 なぜか知らないけど、おまたが震えてしまっているのだ。
 スクール水着が食い込んでいるからよく分かる。
 縦筋が、ピクンッ、ピクンッ、震えるたびにおしっこの水たまりにさざ波がたっていた。
 それになんだかとても熱いような気が……?

 おしっこの海に尻餅をついて戸惑っていると、

「チュッ」
「んっ」

 くちびるに触れる、彩花ちゃんの柔らかいくちびる。
 今のは……キス?
 私、彩花ちゃんにキスしてもらったの?

 驚いていると、彩花ちゃんは尻餅をついている私に抱きついてきた。
 熱く震えているおまたとおまたが触れあって、ピリリ、身体中に電流が走ったような気がした。

「おまたが痺れて……うぅっ」
「私も夏希ちゃんと抱っこしておまたが痺れてる、よ?」
「おかしい、おかしいよ……おまたがビリビリして……ンンッ」
「おかしいことじゃないの。好きな人と抱っこしてると、身体が熱くなるのは自然なことなんだよ?」

 くっつきあってるおまたが、ジュワッと熱くなる。
 それは私のものなのか、それとも彩花ちゃんのものなのか。
 溶けそうになっていて、それさえも分からなかった。

「彩花ちゃんのおまたとこすれて……溶けてビリビリするよ……」
「わたしもだよ、夏希ちゃん……おまたが溶けちゃってる……んっ」
「はううぅぅ……おっぱいもなんだかチリチリして……い、痛いっ」

 最近しこりのように膨らんできたおっぱいが、水着の下からでもこりこりになっている。
 そこに彩花ちゃんはおっぱいを擦りつけてくる。

「彩花ちゃんのおっぱいもコリコリしてる……」
「夏希ちゃんのおっぱいも大きくなって……んはぁっ、痛いのが気持ち良くなってきて……ふぁあぁぁぁ……」

 膨らみはじめたばかりのおっぱいは痛いだけだと思っていたのに、ふっくらと優しくされたらこんなにも気持ちいいだなんて。

「彩花ちゃんのおっぱいと、私のおっぱいが溶けて同じになっちゃってるみたいだよ」
「私も……夏希ちゃんと一緒になれて嬉しいな…………んっ、ちゅっ」

 キスを求めてくる彩花ちゃんに押されて、夏希はおしっこの湖にころんと押し倒されてしまう。

(あの彩花ちゃんが、こんなに積極的だったなんて……)

 驚いていた私は、更に驚いてしまうことになる。
 無意識のうちにカエルみたいに広げられていた私の股間に、ギュギュッと彩花ちゃんのおまたが押しつけられてきたのだ。

 水着越しでも柔らかいとわかるくらいの、ふっくらとしたおまただった。

「あうっ、彩花ちゃんのおまたが押しつけられて……んっ、んんん~!」

 チリチリとした刺激に驚いてしまう。
 おまたを擦られると、静電気のような電流が身体を駆け抜けていったのだ。
 それでも彩花ちゃんは、覆い被さってくると、おまたや胸を押しつけてくる。

「あうっ、あううぅっ、そんなに擦られたら、わたし、わたしぃ……っ」
「もう我慢できない……夏希ちゃんにおまた舐められて……熱くなっちゃってるんだから」
「私のおまたも熱くなっちゃ……ん、んんん!!」

 キュンッ、おまたが震えると、熱いお汁が溢れ出してきてしまう。
 おまたがビリビリして痛いはずなのに、だんだんとその痛みも気持ち良くなってくる。

「おかしい、おかしいよぉ……っ、おまたがビリビリしてフワッとしてきてっ」
「私もだよ、夏希ちゃんっ、もう、気持ち良くなりすぎて……んんっ!!」

 その時は突然に訪れた。

 彩花ちゃんのおまたがぎゅうううぅぅ、と押しつけられたかと思うと、熱いお汁がドロドロと溢れ出してきたのだ。
 あまりの熱さにおまたが溶けて、彩花ちゃんと一緒になってしまったんだと思う。

「あっ、あっ、あっ、あああああああああ!! 夏希ちゃんも……一緒に、
 きてえええええええええええええ!!」
「んああああ!? 彩花ちゃん!!」

 ガクガクと腰を震わせている彩花ちゃんの身体に、両足を巻き付ける。
 なんでそうしたんだろう?
 自分でも分からない。
 だけどこうやって彩花ちゃんの身体を離さないようにすると、もっと気持ち良くなれるような気がしたのだ。
 そして、それは間違いじゃなかった。

「あっ、あっ、あああああ!? くる、くるくるくる!! きちゃうぅっ、
 なんだか分からないけど……と、飛んじゃううぅぅぅぅ!!」

 ガクガクとおまたが震え始めて、目の前が真っ白になる。
 水着が食い込んでいるおまたから熱いおもらしが溢れ出してきて、そして彩花ちゃんのおもらしと混じり合っていって……、

 夏希の意識は、真っ白な光りの中へと消えていった。

        ☆

「ン……ちゅ……ちゅっ」

 次に夏希が意識を取り戻したのは、イタズラっぽく唇をついばまれる感触にくすぐったさを覚えたからだった。

 うっすらと瞳を開くと、彩花ちゃんがキスをしてくれている。

「あ、あれ……私、気を失っていたの……?」
「え? そうなの? でも一分も経ってないし、夏希ちゃん、ずーっと震えてたから、てっきり気持ちいいのかと思ってた」
「そ、それは……、気持ち良かったけど……」

 おっぱいはツンと上向いているし、おまたもまだジンジンする。

 小さく身体を震わせると、名残惜しいけれど身体を離す。
 これ以上行くと、どうなってしまうか分からないから。

 彩花ちゃんが恥ずかしそうに口を開いたのは、そんな余韻に浸っているときだった。

「あの、あのね?」
「なあに?」
「夏希ちゃんが嫌じゃなかったら……私のおぱんつ、穿いていいよ?」
「えっ?」

 一瞬聞き間違いなのかと思った。
 彩花ちゃんのおぱんつを穿いても良いだなんて。
 あんまりにも急なことでキョトンとしてしまった。

 目が染みるほどの匂いを放っている彩花ちゃんのおぱんつはレモン色に染まっていて、それを穿いたところを想像しただけで夏希のおまたはムラムラしてきてしまう……

■■■■■■■■■■■■

夏の日の出来事8につづく!

大決壊! シリーズ発売中☆
フルカラーイラスト5枚の短編集です!
大決壊!~誰にも言えない~




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!
0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。