ホーム » 夏の日の出来事 » 夏の日の出来事3

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!

◆2020.7.4(土)新発売!◆


最新刊!
06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

夏の日の出来事3

<英語版はこちら>
Click here for the English section of the illustration (text is in Japanese)



憧れの女の子のおパンツの裏側を見てみたら、

おしっこをチビってしまったあとを見つけてしまう。

だけど夏希は、引き寄せられるように舌を伸ばしていくと……。

この小説を最初から読む!
 


 
 
 
「なに? なんだかパサパサしてるみたいだけど……なんだろう?」
 鼻を近づけて恐る恐る匂いを嗅いでみる。
 だけどおしっこの匂いに塗りつぶされてよく分からなかった。

(舐めてみたら……?)

 不意にそんなことを思いついてしまったのは、吸い寄せられるようにクロッチの香りを嗅いでいるときだった。

 さっきまで彩花ちゃんのおまたに当たっていたクロッチを舐めれば、それは彩花のおまたとキスしたことにならないだろうか?

 なんでかは分からないけど、おっぱいとおまたがジンジンしてきてしまう。
 きつめのスクール水着におまたが食い込んできて痛いし、それにツンとしているおっぱいも押し潰されて痛かった。
 きっとイケナイことをしているバツだと思う。

「イケナイこと……してるんだ……」

 うわごとのように呟く。
 頭ではイケナイことをしていると分かっていても、だけど柔らかい彩花ちゃんのおぱんつは誘ってくるみたいだった。

 彩花ちゃんのおまたは、どんな味がするんだろう?
 一度気になり始めたら、もうどうしょうもなかった。

 ぷ~~~ん……。

 目に染みるような香りを放っているクロッチに顔を近づけていき……、
 恐る恐る、ちろりと小さな舌を出す。

 ぺろっ。

「……ンッ。……ンッ、ンンッ」

 ほんのちょっとだけ。
 ちょっとだけなのに、おしっこの香りが口の中いっぱいに広がっていく。
 フワッとして、キーンと耳鳴りがしてくる。

「これが彩花ちゃんのおまたの味なんだ……」

 かすかにしょっぱいのは汗の味。
 それにツンと鼻に抜けていくおしっこは、とても臭かった。

 あんなに綺麗な彩花ちゃんのおまたからこんな匂いがしていただなんて。
 想像しただけで頭が痺れてボーッとしてきてしまう。

        ☆

そんな夏希は気付いていなかった。
スクール水着に覆われている秘裂から、おしっこ以外のシミが現れていることに……

夏の日の出来事4につづく!

大決壊! シリーズ発売中☆
スマホでも読めます!
大決壊! 01~ないしょの成長日記~




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。

7e38b12c.png






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!

2件のコメント

  1. 美少女なの強烈にオシッコ臭い、クラクラするほど素敵です。
    今後の展開にドキドキです。

  2. ありがとうございます。
    イケナイことをしていると分かっていても止まらない手……、
    僕も先はどうなるか分かりませんけど、ちょっとずつ更新して行けたらなと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

美少女文庫!







































バナー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。