ホーム » けいおん » 【けいおん・憂】妹ヤンデレ!! お姉ちゃんのこと好き好き大好き好き好き4

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!

◆2020.7.4(土)新発売!◆


最新刊!
06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

【けいおん・憂】妹ヤンデレ!! お姉ちゃんのこと好き好き大好き好き好き4

<英語版はこちら>
Click here for the English section of the illustration (text is in Japanese)



ちょっと期間が空いてしまってごめんなさい。
ヤンデレ妹の憂の小説ができあがったので公開します。

姉の黒タイツを穿いて、股間から湧き出してくるトロトロの愛液を洗剤にして、キレイキレイするお話。

この小説を最初から読む!


「はふぅ……」

姉の黒タイツで覆われた脚の付け根……そこはすでにネットリとした粘液が溢れ出していた。
ボディソープではない。
憂の秘裂がヒクヒクと痙攣すると、黒タイツとショーツ越しに熱い愛液が溢れ出してきているのだ。

「お姉ちゃんのモロモロが食い込んできて……んんっ」

思わずピクピクと背筋を丸めて震えてしまう。
秘裂がケイレンするたびに、クロッチに塗りつけられていたモンブランクリームが深いところにまで食い込んでくる。
そこに泡を塗りつけ、泡立て……、

「ああんっ、おまたがピリピリしてぇっ!!」

黒タイツに指をめり込ませた憂は、静電気に痺れたかのように切なげに身体を縮こまらせる。
既に剥けてしまっているのだ。
姉の汚辱されたショーツに包まれた、クリトリスが。

「はぁ……はぁ……もう我慢できない……早くお風呂に入ってキレイキレイしないと……よけいヌルヌルにしちゃうよ……」

口ではそう言いながらも、股間に伸びた手は止まらない。
黒タイツに覆われた股間へと、ギュッと指をめり込ませて泡立てるも、憂の秘裂から溢れ出してくる愛液に流されていく。
見る間に、憂の座っているお尻を中心として泡の海ができあがっていた。

クチュクチュ……、とぷん。

ひたすら浴槽に淫靡な音が響き渡る。
姉の制服は泡に濡れそぼり、

「んっ、はぁ……ああんっ、お姉ちゃん、お姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃん……」
ただ口にして、自らの身体を抱くようにして痙攣する。
ゴシゴシと右手で左腕を、左手で右腕を……、こうして全身を泡立てていると、姉と一緒になれている気がする。

黒タイツに覆われたふくらはぎも、太もももマッサージして、スカートもヒダの一つまでも丹念に洗っていく。
少しでも姉の香りを溶かし出すために。

「……これで綺麗になった、よね? あとは仕上げに……」

全身をくまなく丹念に泡立てた憂は、スッと立ち上がる。
逆さまになった蜜壺から熱いハチミツがこぼれ落ちぬよう、指で栓をしながら。

「お洗濯、してあげる。洗剤は私のハチミツ。……トロトロにしてあげるんだから」

唇の端を吊り上げて呟く憂。
その瞳には、姉が好きすぎて病んでしまったのだろうか、暗い灯火が揺らめいていた。


妹ヤンデレ!5につづく




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。

7e38b12c.png






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

美少女文庫!







































バナー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。