ホーム » けいおん » 【けいおん・憂】妹はおねしょっ娘!2

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!

◆2020.7.4(土)新発売!◆


最新刊!
06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

【けいおん・憂】妹はおねしょっ娘!2

<英語版はこちら>
Click here for the English section of the illustration (text is in Japanese)



けいおん!! の二次創作。

熟睡している憂、お姉ちゃんにおむつをあてられるの巻。

この小説を最初から読む!

実は、憂はおねしょ癖があったのだ。
それも中学生に上がってから、毎日のように繰り返してしまうこともあった。
だけど、憂はそのことを知らない。
こうして、姉が人知れずおむつを充てていてくれているから。

真面目ちゃんな憂のことだ。
おねしょをしたと知ったら、自分の布団も干せないくらいに落ち込んでしまうかもしれない。
実際に、中学生に上がった直後におねしょをしてしまったことがあって、その時は部屋から出てこないくらいに落ち込んでしまったことがあった。
それ以来、唯は妹に気づかれないようにおむつを充ててあげているのだ。

赤ん坊のように足を広げてやり、お尻に紙おむつをしいてやる。
カサカサと音が鳴ってしまうけれど、憂は一度寝付いてしまうと朝になるまで目覚めない。
だからこうしてちょっとくらい乱暴にしても絶対に起きないのだ。

「おっむつ、おっむつー」
鼻歌交じりに紙おむつの吸収面をおまたに充ててあげる。
真っ白なおむつにはピンクの水玉があしらわれていて、さっきまで憂が穿いていたショーツと同じデザインをしていた。
それでも、朝方になれば違った色合いに染め上げられているに違いない。

おまたを覆い隠して、横側からテープで貼り付けてやる。
その後に、横漏れ防止ギャザーを整えてやればおむつの完成だ。

ポンポンッ!

分厚いおむつで覆われた股間をはたいてあげると、

「う、うぅ~」

「安心してお眠りよ、憂~」

耳元で呟いてやると、

「ありがとう、お姉ちゃん……」

夢の中でお礼を言われた気がした。
妹の眉から険が抜けて、安心しきった寝息へと変わっていった。

寒くないようにパジャマのズボンもあげてやって、布団も直しておく。
腰の部分がもこもこしていて暖かそうだった。

「おやすみなさい、憂」

一言残して扉を閉める。
こうしておっとりした姉は、人知れず妹の部屋を後にした。

妹はおねしょっ娘3につづく!

おむつをあてられていることをしらない妹は、何の躊躇いもなく・・・・・・




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。

7e38b12c.png






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!

2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

美少女文庫!







































バナー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。