ホーム » らきすた » アルテマ・リベンジ! 5

百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!

◆2020.7.4(土)新発売!◆


最新刊!
06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

アルテマ・リベンジ! 5

<英語版はこちら>
Click here for the English section of the illustration (text is in Japanese)



らきすたの二次創作。

授業中に少しずつおもらしをしちゃったこなたは、お股を押さえていた指をかがみんの鼻に近づけていく。そこはツーンとした匂いをまとっていて……。

この小説を最初から読む!

「こなたー、一緒に帰りましょー? どうせ帰りに本屋によって帰るんでしょ? ついでだからわたしも付き合ってあげるから」

かがみがいつものように教室の後ろのドアから入ってきたのは、帰りのショートホームルームが終わってすぐのことだった。
かがみを動物に例えるのならトラが一番イメージに近いかも知れないけれど、こんな風にすぐにこなたのクラスにやってくる様子は寂しがりやなウサギのようにも思える。
本人に言ったら絶対に怒られるだろうけど。

(今すぐ抱きしめてあげたいくらい可愛いけど、残念ながら我が膀胱が悲鳴を上げていて立ち上がることが難しいんだな……)

だけどかがみんは嫌な顔をしながらもこなたが座っている席まで歩み寄ってきてくれた。

「むぅ~~~……」
「どうしたのよ、そんなに気むずかしそうな顔をして。なにか授業で分からないことでもあったの?」
「いやいや。実はだねかがみん、昼休みの特製レモンティーを飲んでから一度もトイレに行ってないんだな、これが」

途端にサッと真っ赤になって声を潜めるウサギさん。本当に分かりやすい。

「な、なんでトイレに行ってないのよ!」
「だって……かがみんのおしっこ出しちゃったらもったいないじゃん」
「……! そ、そんなのいくらでも飲ませてあげっ………って、なに言わせるのよ! と、とにかく、……あとどのくらい我慢できそうなの!?」
「う~ん……これくらい、かな……?」

スカートの上から押さえていた手を、かがみの顔の前に差し出してやると、小さな鼻をスンスンと鳴らして匂いを嗅いでくれる。
その釣り目気味の瞳が、見る間にゆがんでいった。

 ツーン、

とした誤魔化しようのないアンモニア臭を感じ取ったのだろう。

だけどかがみんの顔がゆがんだのも一瞬だけ。
びっくりして離れて、それから興味本位で鼻を近づける猫のように、指の匂いをかぎ始めた。
その視線は心なしかトロンとしていて、ミニスカートから伸びる内股をもじもじとさせていて……。

もじもじ、もじもじ……………………………くちゅっ…

「あんた……これって、まさか……」
「実はちょっとずつ漏れて来ちゃってるんだな。パンツもちょっとピンチかも……」

「と、とにかく、こっちに来なさい……! はやくトイレに行かないと、ここでするわけにもいかないでしょ!?」

アルテマ・リベンジ! 6につづく

トイレに辿り着く前に漏らし始めるこなた。それをみたかがみんは、口を近づけていくと……




◆パトロンサイト◆
応援してくれると頑張れます☆
皆様が月々300円~支援してくれることで、マニアックな小説を書き続けることができ、イラストレーターさんへの依頼料にあてることができます。

7e38b12c.png






掲示板(ご自由に使ってください)

もれもれで百合百合です。
Kindle版もあります!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

美少女文庫!







































バナー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。