百合小説!


2年ぶりの新刊!
みんなに届いたら嬉しいです!

同人誌!

◆2020.7.4(土)新発売!◆


06

06

大決壊03_二人は仲良し_上条千尋02

06

06

ライトノベル!

ようこそ

このブログは、おもらしやおむつ・スカトロジーに関する小説がテーマの官能小説ブログだぞ。

官能小説を読んで元気になろう。
小説は~目次~からアクセスすると便利だぞ。

新型コロナウイルスの影響でまだまだ以前の活気は戻ってきていませんが、少しでもみんなが楽しめますように。


◆目次


ツイッター


◆掲示板◆
感想・誤字脱字発見など、ご自由にお使いください。


◆同人誌既刊◆


◆お仕事履歴◆


◆ピンキーレモネード別館◆
 特典小説を置いてあります。



◆萌駅◆


◆リンク◆


商業出版
月替わりでKindleアンリミテッドの無料もあります。


◆同人誌◆
今まで書いた小説はイラストつきで配信しているぞ!
スマホでも読めるぞ。



◆雑誌掲載◆
おっとり白魔導士がスライムや触手に襲われて、ボテ腹のまま石化して永遠に苗床にされてしまう鬼畜小説です。
恐怖失禁もあるぞ。

◆配信サイトはこちらから!◆

◆試し読み&石化中のイラストはこちらから!◆
製品版にはボテ腹石化で、うつ伏せで尻を突き出した状態で、舌も突き出して永遠に苗床になる無様イラストもあります。



Click here for the English section of the illustration (text is in Japanese)


クールな実験少女のスカートの中は17

修学旅行。
ついに鬼門の就寝タイム。
夜中にトイレに行くことができず、布団でおもらしをしてしまった千冬。
そのことに気づいた親友の瑠璃は、わざとおもらしをしてくれて、更にはおもらしショーツを交換こして――。

この小説は支援者様向けの小説です。
日頃の感謝をこめて更新します。




目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!(1話目は無料公開です)

「……ンッ!」

 キュン!
 クロッチがおまたに食い込んできて、ぐしょ濡れショーツでお尻が包まれて――、

「はっ、はぁぁっ!」

(さらに…)

リョナ小説の配信を開始しました。

DLsiteさんにめっちゃ怒られてきました!

と、言うわけで、今回はDLsiteではなく、Boothです。

最初はDLsiteで配信しようと考えていたのですが、グロテスクな表現が強すぎて怒られてしまい、配信不可となってしまいました。

BOOTHのリンクはこちらです。
狂乱の宴。




いつもとは違った感じのリョナ・グロテスクな作風になっています。

退魔師のJKたちが、触手に首吊り・斬首・脳姦などで酷い目に遭い、弛緩した尿道や肛門から大小便を垂れ流しになる無様な姿を晒す小説です。

グロいです。
要注意です。

以下、ここから先はグロテスクなイラストなので隠します。

(さらに…)

お嬢様の秘密20

最終回!

おむつに目覚めた恋歌は、おむつを穿いて登校するようになる。
今日も人知れず尿意を放っていき――。



目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!


「……ンンッ」

 しゅいいいいいいいいい。
 ……ぱしゃぱしゃぱしゃ。

 もはや、なんの躊躇いもなかった。
 紙おむつは、恋歌のおしっこを全て受け止めてくれるのだ。
 何時間も我慢していたおしっこは、おむつの裏側に弾けると、恋歌のおまたをイタズラっぽくくすぐっていく。

「ああぁ……。気持ちいーのぉ……」

 ジョボボボボボボボボボ……。
  もこもこもこもこもこっ

(さらに…)

クールな実験少女のスカートの中は16

クールな実験好きなJK2年生の千冬。

おねしょをしてしまうようになったので夜は紙おむつを充てて寝ることにしている。
しかしそんな千冬にも修学旅行というイベントが。

修学旅行。
ついに鬼門の就寝タイム。
夜中にトイレに行くことができず、布団でおもらしをしてしまった千冬。
千冬の異変に気づいて目を覚ました瑠璃がとった行動とは……!?

この小説は支援者様向けの小説です。
日頃の感謝をこめて更新します。




目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!(1話目は無料公開です)

「……んっ!」
「分かった、分かったから、もういいから……っ」
「んんんっ、うううーっ!」

 手がプルプルと震えて、ギュッと握られる。

(さらに…)

お嬢様の秘密19

初めてのおむつ登校!

授業中の教室で、こっそりとおしっこをしてみた恋歌は、おむつの気持ちよさに気づいてしまう。



目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!


「ぁぁぁっ、ぁぁぁ~……」

 しゅわわわわわわわわわわ……。

 お行儀よく席についた恋歌は、シャーペンを持ったまま、背徳的な快楽のあまり口をパクパクさせてしまう。
 その様子は、酸欠になった金魚のようでもある。
 口元からは、一筋のヨダレが垂れてきていた。

(さらに…)

お嬢様の秘密18

おむつをあてたまま、授業中の教室でこっそりおもらしをはじめるスリル。

ジワりっ、股間が生温かくなり……。



目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!


「おはようございますっ。夜桜先輩っ」
「ごきげんよう、ごきげんよう……」

 登校してきた恋歌は、すれ違う生徒たちと朝の挨拶を交わしていく。
 それはいつもの朝の光景。
 だけどよく目を凝らしてみれば気づくことだろう。
 恋歌のお尻がいつもよりも一回り大きくなっていることに。
 よく耳を澄ませば聞こえてくることだろう。
 スカートのなかから、かすかに紙が擦れる音が。

「ふう……、気づかれて、ない、よね……?」

(さらに…)

クールな実験少女のスカートの中は15

クールな実験好きなJK2年生の千冬。

おねしょをしてしまうようになったので夜は紙おむつを充てて寝ることにしている。
しかしそんな千冬にも修学旅行というイベントが。

修学旅行。
ついに鬼門の就寝タイム。
夜中にトイレに行くことができず、布団でおもらしをしてしまった千冬。
そこを瑠璃に見つかってしまい……!!

この小説は支援者様向けの小説です。
日頃の感謝をこめて更新します。




目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!(1話目は無料公開です)

(ああ……)

 見つかってしまった……。
 布団に大きな染みを作って、おしっこの匂いを漂わせているところを。
 これじゃあ、まるでおねしょをしたみたいじゃないか。

「うぅ……。この……匂い、は……? まだ、夜……。千冬ちゃん、起きてて……」

(さらに…)

お嬢様の秘密17

物心ついてから、初めての紙おむつ。

恋歌は緊張しながらも近所のドラッグストアで紙おむつを買ってくると。



目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!


「えっ、紙おむつって、こんなに種類があるの?」

 近所の24時間営業のドラッグストア……そのおむつコーナーにやってきた恋歌は、紙おむつの豊富なラインナップに立ち尽くしていた。
 てっきり赤ちゃん用と介護用の紙おむつしかないのだろうなと思っていたけど、それは大きな間違いだ。
 赤ちゃん用は成長段階によって細かく分かれているし、さらにその上の年齢向けの紙おむつまで用意されている。

(さらに…)

クールな実験少女のスカートの中は14

クールな実験好きなJK2年生の千冬。

おねしょをしてしまうようになったので夜は紙おむつを充てて寝ることにしている。
しかしそんな千冬にも修学旅行というイベントが。

ついにやってきてしまった就寝時間。
しかし深夜におしっこに行きたくなってしまうけど、怖くて一人ではトイレに行けない!
隣で寝ている友達を起こすのも恥ずかしいし、千冬の運命やいかに!

この小説は支援者様向けの小説です。
日頃の感謝をこめて更新します。




目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!(1話目は無料公開です)

(ううっ、疲れてるのに、トイレについていって欲しいだなんて理由で起こせない……)

 疲れてるところを起こすのも悪いし、それに一人でトイレに行けないからついていって欲しいっていう理由も恥ずかしすぎる。

(さらに…)

お嬢様の秘密16

紙おむつの誘惑。
この年にもなって紙おむつだなんて……。



目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!


(ン……ッ、漏れそう……)

 じゅわわっ。

 クロッチの裏側に広がる、生温かい感触。
 恋歌がおしっこをチビってしまったのは、下校するとき。
 昇降口で上履きからローファーに履きかえるときのことだった。
 立ったままで履きかえるとき、無意識のうちにお腹に力が入ってしまったのか、じゅわりとやってしまったのだ。

(さらに…)

おしっこ漫画の紹介

同人誌でイラストを担当してもらった温泉みかん先生が本を出版したので、紹介したいと思います。

『恋の失禁アカデミア』

という、タイトルからも分かるようにかなり水っぽい内容になっています。

おもらしというジャンルは相対的に購入者が少なく、商業で出版するというのはかなり冒険心が必要なことです。

僕もかつては商業で書いていたことがありましたが、数値を残すことができずにいまでは第一線を引いてる状況です。

色々なおしっこが楽しめるナイスなブックスでしたので、おしっこが好きな人は一見の価値あり! です。

 

 
 

ちなみにうちのサークルで温泉みかん先生がイラストを描いてくれた作品はこちらです。
黒髪お姉ちゃんと、ロリな妹のおもらしをお楽しみ頂けるかと思います。

クールな実験少女のスカートの中は13

クールな実験好きなJK2年生の千冬。

おねしょをしてしまうようになったので夜は紙おむつを充てて寝ることにしている。
しかしそんな千冬にも修学旅行というイベントが。

ついにやってきてしまった就寝時間。
寝る前にトイレに行っておく千冬だが……!?

この小説は支援者様向けの小説です。
日頃の感謝をこめて更新します。




目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!(1話目は無料公開です)

 就寝時間は夜の10時半。
 高校生にとっては早すぎる消灯だけど、旅先の疲れがなせる業なのだろうか?
 相部屋の「今夜は寝ずに恋バナ!」とか言っていた女子たちは早々に撃沈して、今となっては安らかな寝息を立てていた。

(さらに…)

クールな実験少女のスカートの中は12

クールな実験好きなJK2年生の千冬。

おねしょをしてしまうようになったので夜は紙おむつを充てて寝ることにしている。
しかしそんな千冬にも修学旅行というイベントが。

北海道に降り立った千冬は、親友の瑠璃に腕を組まれると、気が抜けて失禁してしまう。
飛行機に乗っているあいだ、ずっと我慢していたからたくさん出てしまって――。

この小説は支援者様向けの小説です。
日頃の感謝をこめて更新します。




目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!(1話目は無料公開です)

 こうしてやってきた北海道。
 千冬が通っている学校では夏休み前に修学旅行に行くのが伝統だ。
 なにもこんな暑い時期に旅行に行かなくても……、と思っていた千冬だけど、関東平野から飛行機でひとっ飛びしてやってきた北海道は、実に爽やかな空気だった。

(さらに…)

お嬢様の秘密15

絶頂失禁は女の子の特権だよね!

誰もいない屋上で、我慢できずに失禁オナニー。

濡れそぼっていくショーツと黒タイツ。



目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!


(さらに…)

お嬢様の秘密14

学校で昂ぶってしまった恋歌は、誰もいない屋上にやってくると秘部に手を伸ばし――。



目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!


 恋歌が重たい鉄扉を押し開けてやってきたのは、学校の屋上だった。
 抜けるような青空から春の日差しが降り注ぎ、火照った身体をそよ風が優しく撫でていく。

「よかった……。誰もいない、わよね」

(さらに…)

クールな実験少女のスカートの中は11

修学旅行編に突入っっ!!

もっとおねしょが読みたーい! という感想を頂いたので、前回の更新で終わっていたはずでしたが、もう少しだけ続きます!

おねしょをしてしまうようになったので寝るときはおむつをあてて寝ることにしている千冬。

しかし修学旅行という気が進まないイベントを避けて通るわけにもいかず……!?

この小説は支援者様向けの小説です。
日頃の感謝をこめて更新します。




目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!(1話目は無料公開です)


☆修学旅行!

「はぁ……どうしようかなぁ……」

 憂鬱げなため息をついたのは、冷たい美貌をやや幼げなセーラー服に身を包んだ千冬だった。
 ときはロングホームルーム。
 場所は教室。

(さらに…)

お嬢様の秘密13

おねしょしたショーツを穿いたまま登校してきた恋歌。

人知れずに変態の道に踏み外していく。



目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!


♭5章目 我慢できない……学校でオナニー

(おねしょしたショーツ穿いて学校にいるんだ……。なんて私は変態なんだろう)

(さらに…)

クールな実験少女のスカートの中は10

まさかの教師にさされてしまって、黒板まで行ってみんなの前で問題を解かなくてはいけなくなってしまう!

だけど緩みきった尿道はおしっこを我慢することができず、みんなの前に立っているというのにおもらしをしてしまって……!?

この小説は支援者様向けの小説です。
日頃の感謝をこめて更新します。




目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!(1話目は無料公開です)

 ――えっ!?
 突然のご指名に、千冬は背筋をビクリと痙攣させてしまう。
 その拍子にお腹にも力が入ってしまって、

 ぷっしゃああ!

(さらに…)

お嬢様の秘密12

おねしょをしてしまった朝。

刺激が欲しい恋歌は、おねしょしたショーツを穿いたまま登校する。



目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!


「きもち…………いー……の……」

 じゅもももももももももも……。

(さらに…)

お嬢様の秘密11

昼に立ちションをして、夜までむらむらきている恋歌。

その身体の熱を発散させずに床につくと――。



目次

カテゴリー

この小説を最初から読む!


♭4章目 おねしょ!

(おまた、まだ落ち着かない……)

 ブルマで立ちションをしたその日の夜。
 恋歌の秘筋は官能の残り火が燻っていて、しっとりとした少女の蜜と汗で湿っていた。

(さらに…)

美少女文庫!







































バナー

最近のコメント